文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を頒布中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット96 参加申し込み中

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    機材整備
     明日の撮影に備えて、機材を準備しています。
     以下を持参する予定。種子島でロケット撮るのと同じ装備ですね。

    メイン機材
    ・OLYMPUS OM-1N
    ・TEFNON 75-300mm F5.6
    ・SIGMA 35-70mm F2.8-3.5
    ・KENKO TELEPLUS MC7
    サブ機材
    ・OLYMPUS XA(初代)

    ワインダー、三脚

     「サブ機材がサブじゃねぇっ!」というツッコミが聞こえてきそうですが、本来のサブだったXacti S6くんは、先月の松山旅行中に原因不明の故障を起こしてお亡くなりになっているのでした。
     XAは実家にあった物を拾ってきたんですが、ファインダ内の表示が薄れていて見難いのです。とはいえピント合わせの二重像は生きているので、なんとかなるでしょ。
     せっかくなのでレンズ以外は全てオリンパスで固めてみました。(しかも、全部旧型!)

     TEFNON用のフィルターを買いがてら新宿の中古カメラ屋巡りをしていたら、某店でOMスクリーンをまとめて発見。キズありでしたが、以前より欲しかった1-4(全面マット)を買ってしまいました。1-13のプリズム部は、星や月を撮るとき邪魔になるのです。次は十字透過の1-12が欲しいです。
     スクリーン発見があまりに嬉しくて、肝心のSLフィルターを買い忘れ。

     今日は相模原でM-V展示開始の除幕式&記念式典だったのですが、寝坊して行かれず。ああ。

     JAXA公式より。いいニュースなのですが、展示場所が・・・。

    2008年10月9日 更新
    種子島宇宙センター保管のH-II ロケット7号機が「未来技術遺産」に登録
    国立科学博物館が選定する「重要科学技術史資料(通称:未来技術遺産)」に、種子島宇宙センターに保管している「H-II ロケット7号機」が登録され、10月9日登録証と記念盾が授与されました。
    H-II ロケットは、初めての純国産の液体燃料ロケットとして、日本のロケット技術が国際水準に達した記念すべきロケットであり、国際的に見て日本の宇宙技術の高さを示したものであると言うことが認められ、この度選定されました。
    種子島宇宙センターでは、施設見学ツアーでこのH-II ロケット7号機をご覧いただけます(要予約)。
    種子島へお越しの際は、ぜひ種子島宇宙センターの施設見学ツアーにお申し込みください。

     元記事では、下線部の脇に大崎第一事務所に展示されている実機の写真があります。せっかくなのですかから、もっといいところに移してやりましょうよ。 

     ここ2週間ほどのメールについて、返信が滞っています。早めにお返事できるようにしたいと思います。ごめんなさい。

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    週末の予定
     その1、10/12開催の、椋神社「龍勢祭り」に行って来ます。地元の人が作ったでっかいロケット花火を打上げる、というなんとも豪快なお祭りなのです。
     ロケットと聞いたら行かないわけには行かないでしょう?

     秩父市下吉田の椋神社は「延喜式神名帳」にのる古い神社です。
    毎年10月第二日曜日に、この椋神社の例大祭が行われ、その付祭として「龍勢」が奉納されています。
     龍勢煙火は、口径10cmほどの火薬筒を長さ15m余りの青竹にしばりつけたもので、これを櫓にかけて点火するとロケットのごとく噴進式によって300mも上空に舞い上がります。轟音を立てて舞い上がる様が昇天する龍の姿に似ていることから「龍勢」の名が生まれたといわれています。


     その2、同じく10/12、秋葉原にて開催のTokyo Book Maniaxに委託参加します。評論系オンリー同人誌即売会で、「鳥システムズ」さんとの合同スペースです。
     配置は4a、「鳥システムズ航空宇宙コラボ」という名前です。私は残念ながら行けませんが、この日秋葉原に用事がある方、少し足を伸ばしてのご来場をお待ちしております。
     頒布物は以下の4種となります。机の上に出ていない場合は、お声がけ下さい。

    ロケット紀行 H-IIA F7 & 種子島観光       500円
    ロケット紀行 vol.2 H-IIA & M-V-8打上げ見学記 600円
    ロケット紀行 vol.6 H-IIA F13見学記         500円
    ロケット紀行 vol.7 H-IIA F14打上見学記      500円

     頒布物についての詳しい情報・見本は
    液酸/液水同人誌情報
    にどうぞ。通販もやっています。

     地獄の一週間が終わりました。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析