文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 |
    神舟7号の宇宙遊泳に寄せて
     神舟7号、宇宙遊泳成功おめでとう。
     日本で有人が出来ないのが・・・ああ、もう!!
     やっぱり自分の国から宇宙に行けるってのは、大きな「夢」だと思うのですよ。中国は夢と戦略を持って、15年以上もそれを持ち続けることが出来て、5号で実現し、今回はもう一歩先に歩を進めたのです。
     日本は、自前で人間を宇宙に送る、という選択をしなかった。ただそれだけ。
     それだけ・・・なんですが・・・

     悔しい! 手をこまねいているしかないのも、画面の向こうの拍手と歓声も、悔しいっ!

     スペースシャトルは先行き不安、ソユーズは情勢如何で使えなくなる・・・。有人飛行技術は国家戦略になりうる、非常に重要な技術なのですよ。お金なり対価なりを払って乗るのはお客さん。客は行き先を決めたら、ハンドルは運転手に任せなければならないのは、自明の理。乗車拒否もあり得ます。
     米露中が宇宙船のハンドルを握っているということは、この3国のご機嫌を損ねたら、宇宙に手が届かなくなってしまいます。
     せっかく宇宙基本法が出来たのだし、ここらで一つ始めて欲しいです。
     とはいえ、中期計画が邪魔なんだなあ・・・。

     受付確認ハガキ、冬コミの分、9/29午後便にて到着。コード的に書類不備はない模様。
     ただ、ハガキ裏面に「今回、初めの5桁はジャンルコードと違ってるかもしれんよ(要約)」と書いてあったので、余りアテにするのも良くないかな。
     備忘のために。

     そうか、そろそろ準備を始めなくてはいけないのか。
     論文書いたら原稿書き始めます・・・。

     我が家の原付の、1万㎞走行達成プロジェクトを始めました。年内に達成したいです。
     あと534km。近場しか乗らないから、厳しいかなあ。週末に乗るとして、毎週45kmくらい・・・?

    スポンサーサイト
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    探査機「はやぶさ」がプラネタリウム番組に
    「HAYABUSA ~BACK TO THE EARTH~」(公式ページ)
    LiVE(製作会社のページ)
     2009年3月に東京と大阪で完成試写会を行った後、配給開始予定。
     直近の予定としては、

    2008年9月29日 科学技術館で開かれるデジタルプラネタリウムワークショップにて、大型デジタル映像番組「HAYABUSA ~BACK TO THE EARTH~」のプレゼンとデモを行います。

    とのこと。
     完成が楽しみです。

     「はやぶさ」帰還が2010年6月13日に迫り、多くのアクセスを頂いていますので、感想を追記。
     よく知っている方、ハンカチ必須。
     初めて知った、あるいはよく知らないという方、これは現実です。日本の探査機がやったのです。
     番組はまだやっているところがあります。ぜひ御覧になって下さい。

     皆様、期間後も「はやぶさ」のことを覚えておいて下さい。もっとすごい後継機の計画もあります。今はおもに予算面で苦戦しているので、よければ応援してあげて下さい。
     未知なる世界を見るのは、とても興奮すること。いまは人間が行けなくとも、きっと。「はやぶさ」はその先触れでもあるのです。皆様の応援が、「はやぶさ」後継機を新たな星へと導くのです。

    別窓 | プラネタリウム | コメント:0 | トラックバック:1 |
    現在地:都内某所
     帰って参りました。

     昨晩、定刻から2時間05分遅れの午前0時38分に岡山駅を発ったサンライズ出雲・瀬戸は、遅れをおよそ3時間に延ばして、午前10時過ぎ、品川駅で運転打ち切りとなりました。
     その後、食事をとるべく東京駅に廻ったら、後に出たはずのはやぶさ・富士が到着していました。こちらは定刻通りの運転。どうやら、どこかで追い抜かれたようです。
     遅れ幅が2時間を超えたので、特急料金を払い戻してもらえました。

     ちょっと休んだら帰宅です。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    現在地:まだ岡山
    20080921002649
      「はやぶさ・富士」よりは早く来るらしいです。出雲は倉敷、瀬戸は児島を過ぎているとのアナウンス。0時30分頃の発車だとか。
     目指せ2時間遅延!

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    現在地:岡山
     今、サンライズ瀬戸・出雲の発車時刻を過ぎました。
     現在岡山駅で足止めされています。併結のサンライズ出雲が大雨に遭い、線路点検。現在のところ1時間半程度の遅延です。
     こうなったら、いっそ2時間遅れてほしいです。特急券払い戻しになるので。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「夢の超特急」にお別れを
    20080920223842
     こだま674号新大阪行、岡山駅にて。2008年11月30日限りで引退の0系です。この車体はさよなら塗装として「ひかり」時代のものになっています。
     子供の頃憧れた「夢の超特急」も今やロートル……。嗚呼、夢が色褪せていく。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    現在地:児島
    20080920205007
     本州に戻ってきました。旅の連れが強烈な晴れ人間だったので、台風は室戸岬遥か沖に逃げていきました。ただし、一昨日は私の雨体質とせめぎ合っていたらしく、曇時々小雨。
     次は岡山で乗り換えです。帰りはサンライズ瀬戸を使う予定です。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    現在地:松山
    20080918163038
     ここが今回の目的地。昨晩23時10分のムーンライトながらに乗ってから遥々17時間半、ついにやってまいりました。
     漱石・子規の文学館、道後温泉、松山城、そして路面電車と坊っちゃん列車。
     どれから見るか迷いますが、まずは宿へ。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:5 | トラックバック:0 |
    現在地:瀬戸大橋四国側
    20080918140826
     瀬戸の海を渡り切りました。人生初四国。これで、北海道・本州・四国・九州、全てに足跡を残すことになりました。
     まもなく宇多津駅。さあ、四国の土を踏みましょう。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    現在地:岡山
    更に西へ。これより特急「しおかぜ」にて四国に渡ります。
    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    現在地:神戸
    20080918103415
     通過。各停の旅は更に西へ。
     今日だけで、名古屋、京都、大阪を素通り。大都市をここまでスルーしていくと、逆に気分がいいですね。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    ムーンライト
    20080917224224
     これより西に下ります。行ってきます。
     BGM:鉄道唱歌第一集 東海道
    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    月は見えねど
     朝起きると同時に、今日もお月見できないことを悟ったので、プラネタリウムに行って来ました。
     連休最終日、子供づれが多い! その割には静かに見られたので満足です。
     この秋で開館20周年。おめでとうございます!

    投影プログラム
    前半:星空解説(生解説)
    後半:オート番組(自館製作、すなわちオリジナル)

    SANY0626.jpg   SANY0627.jpg

    SANY0628.jpg   SANY0629.jpg
     この2枚、左からプトレマイオス、ガリレイ、ニュートン、アインシュタインだそうです。
     番組は、小学5年の女の子がこの4人に夏休みの自由研究を手伝ってもらうという筋立て。
     主人公羨ましすぎです。というか、偉人に宿題なんか手伝わせるなよ……。個人的にはアインシュタインが可愛いと思いました。

    世田谷図書館併設プラネタリウム   SANY0634-2.jpg
    左:プラネタリウム           右:銘板
                          機種:GMII-Space(五藤光学
                          確か恒星投影数は全天で8500個(5等星まで)
                          製造番号:2260-21
                          製造:1988年
                          ドーム径:15m

       
    別窓 | プラネタリウム | コメント:0 | トラックバック:0 |
    名月2008 金木犀の宇宙的雑文22
     今宵は仲秋の名月。シーイングが良ければ撮影行、と思っていましたが、あいにくの曇り空。
     切れ間から覗く月をベランダから眺め、団子に舌鼓を打つことにします。
     本当の満月は明日なので、晴れてくれることを祈っていますが・・・。

     かぐや1歳、おめでとう!
     1周年イベントには残念ながら参加できませんでしたが、現地で見た美しい打ち上げを思い出して、祝杯。
     観測期間は1年なので、そろそろ運用終了の時期でしょうか。まだまだ元気なので高度を下げて観測という話もちらりと聞きますが。
     美しい写真と映像に酔いしれたゆえに、もう少し運用を続けて欲しい思いもあり、「かぐや姫」を早く月に帰してあげたい気持ちもあり・・・。
     1000年前の物語と違うのは、翁と媼が姫と共に月に旅立ったこと。

     願わくば「かぐや」運用がハッピーエンドでありますように。

    ロケットの空中発射、実用研究に着手 経産省が来年度
    2008年9月14日3時7分

    航空機の胴体に取り付けられたペガサスロケット=米航空宇宙局提供
     ロケットを航空機に取り付けて上空で発射する「空中発射システム」の実用化研究に、経済産業省が来年度着手する。発射場所の制約を受けず、小型衛星を低コストで臨機応変に打ち上げられる利点があるという。通信、環境観測、災害監視など新たな衛星需要を生む可能性もある。

     重さ100キロ以下の小型衛星の打ち上げを想定し、来年度は航空機への取り付け方やロケットの種類などを検討する。3年間でロケットの形状や航行技術などについて基礎的な試験にこぎ着け、実用化への道筋をつけたい考えだ。来年度予算の概算要求に8千万円を盛り込んだ。

     空中発射だと発射場がいらず、地上設備が最小限ですむ。悪天候による打ち上げ延期も避けやすい。衛星を投入する軌道に応じて効率的な発射地点を選べるうえ、上空なので空気抵抗が小さく、打ち上げに必要なエネルギーも少なくてすむという。

     日本でも最近は東大阪宇宙開発協同組合の「まいど1号」など、小型衛星の開発が盛んだ。だが打ち上げに適したロケットがなく、大型ロケットH2Aが大型衛星を打ち上げる際に「相乗り」させてもらうしかないのが現状だ。

     H2Aは高価で重さ数トンもの衛星を打ち上げる性能をもたせてあり、打ち上げに1回100億円程度かかる。それが小型衛星と空中発射を組み合わせれば、衛星1基あたりの打ち上げ費用を大幅に下げられる可能性があるという。

     米国は90年に空中発射用の「ペガサスロケット」を実用化し、すでに30回以上の打ち上げ実績がある。ロシアやフランスでも開発が進められているという。(佐々木英輔)


     ロケット本体は安く済むでしょうが、打ち上げに使う飛行機は専用機でしょうから、導入にも維持管理にもかなりの費用がかかるように思うのですが・・・。新市場が開拓できれば価格も安くなるでしょうが、「ペガサス」シリーズは、1990年から2008年で、新旧併せたトータルでも30機程度です。
     「500kg以下の衛星を地球低軌道に」と考えると、新型固体とどちらがいいのでしょうか。
     私としては、打ち上げ回数が増えれば嬉しい悲鳴なのですが、果たして予想通りの需要を埋めるだけの予算が研究開発に付くのでしょうか。ポスドク増員の失敗と同様にならないよう祈ります。


    別窓 | 「金木犀の宇宙的雑文」シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。