文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :コミックマーケット93 3日目(12月31日・日)東P-01b

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    OM拡張計画 その2
     結局、リモートコードは自作することにして、秋葉原にパーツの買い出しに行って来ました。
     コードが270円、スイッチが180円、計450円也。他にマウント部の潤滑用にタミヤの模型用モリブデングリスを購入、300円也。

    リモートコード   接点部
     コードはφ2.5のミニプラグ(二極)、スイッチは松下製のWS4409H(2号にぎり釦)、コードはテイシン電機のMCA-110を使用。
     スイッチは、配線がネジ固定のため半田いらずで、レリーズを持つように握ってやると押しやすい。コードは、L字型のプラグが付いていて長さ1m以上というのを基準に選択。これは約2m。長ければ切るだけですが、その必要もなさそう。
     周辺機材の買い足しは、これで一段落。35mmF2と24mmF2のズイコーレンズがとても欲しいのですが、中古相場はけっこうお高い。まあ、そのうちに。

    SANY0012.jpg
    フル装備になったOM-1Nさん。
    別窓 | カメラ・写真 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    OM拡張計画 その1
     ワインダーを買いました。300mmのレンズに2倍テレコン付けてお月様を撮影となると、ミラーショックも気になるくらいですから、手巻きでは当然ブレてしまいます。
     OMの純正ワインダーは1と2、2種類あり、1の方はシングルモードのみ、2はシークエンス(連続撮影)モードがついています。
     ほとんどロケット撮影のために買うようなものなので、連射できることを重視してワインダー2を選択。
     中野のFヤで中古美品が\4,200でした。こんなもんでしょう。
     ワインダー用のケーブルレリーズは「中古で見つけるのは難しいらしいが、φ2.5mmのミニプラグがついてるものなら使えるらしい」とgoogle先生が教えてくれました。自作するか、EOS用のを買おうかなあ。(自作は\700程度、オススメらしいRS-60E3はヨドカメで\2,100)

    ワインダー2   装着状態

    月
     参考までに、ワインダーもミラーアップもなしで撮ったお月様の写真を。
     レンズ:TEFNON 75-300mm F5.6 MACRO+KENKO TELEPLUS x2
     フィルム:フジ SUPERIA Venus 400
     先日購入したTEFNON、ジャンク品だけあって、どうも無限遠が出てないような気がします。縮小してるので分かりづらいですが。
    とはいえ微少な手ブレやゆらぎ、日周運動を拾ってしまっている可能性(実際、三脚に固定してファインダー覗いてると、どんどん動いていくのが目で見てわかります)もあると信じたいので、しばらくテスト撮影してみることにします。望遠レンズは手ブレだ何だと扱いがめんどくさいです。
    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    相模原キャンパス一般公開
     ISAS相模原キャンパスの一般公開に行って来ました。
     銀塩で撮った分がやっと現像できたので、まとめて掲載します。

    M-3SII-1   M-3SII-1&アジサイ
     左:M-3SII-1   右:まだまだアジサイが咲いていました

    LUNAR-Aコンテナ   M-Vノズル
     左:LUNAR-Aコンテナ   右:M-Vノズル(使用済)断面

    ペネトレータ   守護神様
     左:LUNAR-Aペネトレータ   右:「れいめい」の守護神様(中の人が言ってました)

    ターゲットマーカ   ターゲットマーカ フラッシュ
     左:「はやぶさ」ターゲットマーカ   右:同。フラッシュ焚いてみました

    μ-10運転   空へ
     左:イオンエンジン(μ-10)運転試験   右:ペットボトルロケット、打ち上げ成功!

    はやぶさ実物大模型   レールガン
     左:「はやぶさ」実物大模型   右:レールガン

     この日第五会場の片隅で、次期固体の話がありました。
     構成図がついに出ました。
     1段目はH-IIAのSRB-A、2段目はM-Vの3段目モータのM-34b、3段目はM-VキックステージモータKM-V1の改良型のKM-V3を用い、全3段構成だそうです。
     伸展式ノズルなどは極力廃して部品点数を削減する方向に持っていき、1機のコストは30億円台を目指すとのこと。かわいそうなLUNAR-Aは、これの1号機のテストぺイロードになるらしいです。
     現時点で分かっていることについては、下の画像をクリックしてみて下さい。
    SANY0635.jpg   SANY0634.jpg
     この画像は、配布された次期固体のリーフレットです。左が表、右が裏。スキャナがなかったのでデジカメで撮影したので、やや見難いのは許して下さい。
     質疑応答で、「SRB-Aを使うと言うことですが、過去に同様のコンセプトのJ-1というロケットがありましたが」という質問が出ました。回答は、「大丈夫です、我々は分かってます。J-1はH-IIのSRBとM-3SIIの上段を繋いだだけ。我々はちゃんと最適化をします。J-1、そんなのもあったよね」と言う内容。
     現実味を帯びてきました。

     その他のメモ:
    ・「れいめい」のデータDL速度は8Kbps固定、UPは段階的に可変(速度失念)
    ・「あかり」のペパクラが凄い出来。「やりすぎバージョン」と言っていたが、中の望遠鏡まで再現。脱帽。
    ・蚕は意外と美味。
    ・ソーラー電力セイル衛星は、2010~2011年打ち上げ予定?
    ・「はやぶさ」ターゲットマーカの外側って、再帰性反射素材? 聞き忘れた……。分かる人情報plz
    ・ミネルバのカットモデルに感動。
    ・はやぶさを題材にした「祈り」というDVDビデオが上映されていた。クレジットに2chやはやぶさまとめがあった。はやぶさスレの住人としては嬉しい。DVDは一般発売の予定もある。
    ・つくばよりも奥まで入り込めて楽しい。
    ・「はやぶさ君の冒険日誌」は、2007年一般公開バージョンになっていた。そういや、これでははやぶさ=男の子になってるなあ。地球帰還の当たりを読んでると、目からしょっぱい水が(;;)
    ・Lullaby of Muses、迷った末にやめたんだが、買っておけば良かった。さあ、アマゾンに行こう。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:7 | トラックバック:0 |
    H‐IIA F13延期
     速報。8/16に予定されていましたH-IIA 13号機による月周回探査衛星「かぐや」打ち上げが延期になりました。

    かぐや(SELENE)の打上げ延期について(JAXA)

     いつになるかは未定ですが、一部報道(確認した限りでは朝日新聞)では9月中になる見通しとも言っています。

    (理由)
     他衛星(超高速インターネット衛星WINDS)の地上試験を進めている中で、コンデンサの極性が逆に取り付けられていることが発見された。
     このため、「かぐや」(SELENE)において同様の問題がないか調査を行ったところ、子衛星に使用しているコンデンサの2個で同様の問題があることが判明したため、当該部品の交換を行うこととした。

     専門外ですから断定できませんが、これって初歩の初歩じゃないのかなあ。
     子衛星でまだマシだったかな。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:6 | トラックバック:0 |
    ロケット紀行vol.5紹介
     宣伝も兼ねて、この夏発行の本についてのお知らせです。
    表紙
     表紙です。勝浦宇宙通信所のアンテナ。

    ロケット紀行vol.5 お試し版
     本文のうち、目次、種子島宇宙センター、内之浦宇宙空間観測所の項です。
     印刷用データからそのまま切り出してきましたので、やや重いです。ご勘弁を。
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    嗚呼、光害
     東京では、よく晴れた冬の空でも星明かりがほとんど見えません。
     街灯りのせいです。
     そんな状況を憂えて、プロジェクトが立ち上がっていました。

    ソラクライ(空CRY)プロジェクト
     ソラクライ(空CRY)プロジェクトとは、光害防止の輪を無限大に広げる計画のことです。
     天体写真を趣味とする者として、このプロジェクトに賛同します。
    odb-get.gif

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    JAXA公式認定CD、発売です
     本日、JAXA初の公式認定のCD「ソラノオト-Message from space-」が発売されました。どう見てもジャケットは999にしか見えませんが・・・。
     即買い。

     収録内容は以下の通り。

    (CD)
    1. A.D.D.P. m-flo(ハート記号) MONDAY満ちる
    2. Radio Emission ALEX
    3. cosmic eyes BoA
    4. 星空のディスタンス THE ALFEE
    5. Rendezvous In Space! TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA
    6. Reaching for the Stars Fantastic Plastic Machine. SKY JUICE feat.GAGLE SOFFet
    8. Sun Lights Stars RAM RIDER
    9. Sky 東方神起
    10. 銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999) ゴダイゴ

    (DVD)
    1. H-II Aロケット8号機クイックレビュー
    2. H-II Aロケット11号機クイックレビュー


    「あかり」の現状について 観測開始から1年、「あかり」が見た宇宙(JAXA)
     M-V-8にて昨年2月に打ち上げられた赤外線天文衛星「あかり」の現状報告書です。ずいぶん活躍しているようです。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    夕食は宇宙食
     JAXAシンポジウム2007「探る宇宙 食べる宇宙」に行って来ました。
    プログラムは大きく3部に別れていました。
    1)月探査衛星「かぐや」ミッションについての紹介
    2)国際宇宙ステーション(ISS)および今年度打ち上げ予定の日本実験棟「きぼう」紹介と、ISSでの生活を紹介しながら宇宙食の発展についての概説
    3)国内食品メーカーが開発し、JAXAの認定基準に合格した宇宙食の試食会

     講演部分はどこかで聞いたような話の再確認が主でしたが、いろいろ考えながら聞いていると、ぽろり、と面白い話が出てきました。
     日本版GPS(測位システム、と言っていましたが)の将来構想には準天頂衛星がなかったりとか。
     そういやそろそろ次期中期計画(5ヶ年)がまとまる頃でしょうかね。
     司会の楠田枝里子さん、どこかで見たことのある方だなあと思っていたら、「世界まる見えテレビ特捜部」の司会の方でした。
     気づいた瞬間から、もうあの番組にしか見えなく(以下略

     本日の目玉は、何と言っても宇宙日本食の試食会。
    070710_000.jpg
     会場は凄い混雑でした。そう、まるで、夏冬の有明のように。

    070710_001.jpg   070710_009.jpg
     左:わかめスープ(開封前)、右:お湯で溶いたもの。ストローで吸い込むため、わかめが細かく刻まれています。

    070710_005.jpg   070710_004.jpg
     どっかで見たことのあるアレと、パッケージ。袋の中にはストロー付きの例の袋がそのまま入っています。(ISSでは顔料が使えないようなので、さすがに無地ですが)

    070710_003.jpg
     鯖みそだったか、鰯蒲焼きだったか。どちらにせよ味も外見も缶詰の中身そのままです。
     お酒が欲しいなあ。

    070710_006.jpg   070710_007.jpg
     宇宙用ラーメン。開発は日清。故・安藤百福会長の肝いりで開発されたそうです。俵型の一口サイズの麺の塊。スープにはとろみがあるそうで、「ラーメン」と言うのはどうなんだろう。

    070710_008.jpg   070710_010.jpg
     羊羹。そのままです。あの直方体のアルミパッケージが入ってます。(右参照)

    070710_002.jpg
     宇宙仕様キューピー

    070710_011.jpg
     変わり種。黒飴です。パッケージには「KUROAME CANDY」と書いてあります。

     他にも、野菜ジュースをゼリーにしたものや、ご飯もの(山菜おこわ、赤飯、おにぎり)、粉末緑茶・ウーロン茶(羊羹の隣に配置されていました:笑)、調味料ではケチャップとマヨネーズ。さながら日本の有名食品メーカーの試食会です。
     どれもおいしく食べられます。
     これからは不味いものを指して「まさに宇宙食」とは言えなくなりそうです。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    ロケットまつり13
     出演者は松浦さん、あさりさん。ゲストは垣見さん、林さん。

    RM13.jpg
     お酒のせいか垣見さん・林さんが宇宙研ぶっちゃけ話を展開。
     内容は「一歩外に出たら全て忘れる」システムゆえご勘弁を。
     的川先生ゲストは大歓迎です(笑

    ペンシルロケット一族
     今日もペンシルロケットご一家が鎮座していました。

     終了後は種子島行きの相談など。繁忙期だけに飛行機が高いorz
    1.高速バス乗り継ぎ
    2.18きっぷの旅
    3.志布志までフェリー
    という手段も考慮しておこう。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    入稿!
     夏コミ本「ロケット紀行vol.5 宇宙関連施設訪問記1 JAXA編」、無事の入稿とあいなりました。
     7/7、七夕の入稿でした。理由はないけれど、ちょっと嬉しかったり。
     販売は8/19(日)、コミックマーケット72、3日目にて。
     皆様よろしくお願いします。
    (実はH-IIA F13打上げ日と近いのです。万一の際は代理を頼みましょう)

    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    国際交流、もとい酒席
     ちょっとした縁から、日中韓(主に中韓)の三言語が飛び交う交流会(と称した飲み会)に行ってきました。
     中国語は大学でやったレベル、韓国語は全く未知の言葉なのですが、意外となんとかなるものですね。
     漢字は偉大です。「漢字文化圏」とも言いますが、東アジア最強の共通文字ですよ。なんとか意志疎通できて、行った意味はありました。貴重な話もいろいろ出てきました。やっぱり研究者は変わった方が多いです。そこがまた、面白いのです。
    別窓 | 雑文 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    OM-1Nその後
     私的メモも兼ねて。

     露出を詳しく知りたかったので、ポジで撮ってきました。
     この際ですから体感露出を覚えるとしましょう。


    以下メモ。
     露出計は曇天下で1段アンダー。F8で1/125秒、F11で1/60くらいか?
     晴天で1段アンダー。F11で1/500、F16で1/250くらいか?
     蛍光灯下で1/2~1段アンダー。この領域だと不安定。F2.8で1/8は暗い。1/4か1/2がいいかも。

     低輝度で動作が怪しい。要注意。
     極端な高輝度は苦手のようだ。コントラスト差を考えるときには気を付けよう。
    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    JAXAクラブOPEN!
     JAXA公式のファンクラブとも言えるサイトが、遂にサービス開始です。
     大歓迎。一も二もなく会員登録してきました。

    JAXAクラブ

     設立の意義はこのあたりに記してありますが、

    宇宙航空に関することが大好きといった青少年から大人の方々に、わたしたちの取り組みをわかりやすくご紹介し、みなさんと一緒に宇宙航空分野を盛りあげていけるようなウェブサイトを作ろう・・・。

    ということだそうです。
     宇宙関係のポータルサイトとして、会員登録なしでもニュースやイベント情報など、一通りは見られるようになっていますが、会員登録することでコラムや情報メールの配信などのサービスが利用できるようになります。

     宇宙好きならお勧めします。

    会員証
    ↑web上でこんな「会員証」ももらえたり。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    OM-1Nがやってきた!
     先日ネットオークションにて購入したOM-1Nが到着しました。
     シルバーボディ、外装スレ、アクセサリシュー少キズ有りで、相場よりは安かったかなと。

    OM-1N本体   ファインダー
     セルフタイマーは問題なく作動、モルトは要張り替え。ファインダーとプリズムは腐食の形跡無く、驚くほど綺麗。(接眼部のホコリが映り込んでいますね^^;)
     シャッタースピードと露出はさすがに機材がないと調べられないので、かねてより点検に出したかったOM-10ともども、小川町のオリンパスSSに持ち込んでチェックしてもらいました。
     結果、シャッタースピードは全速とも問題なし、露出計は半段~1段低めとのこと。

     これ、もしかしたら当たり機じゃないか?

     テストとしてポジを一本撮ったので、明日現像してきます。さぁて、どの露出で決まってるかなあ。
     ちゃんと映っていればメイン機にする予定。


     一緒に持ち込んだOM-10は、1/500以上の高速シャッターが切れていないとのこと。どうやら基盤がヘタってきているらしいです。そろそろ発売30年になる電子制御の機体ですから、ある意味限界なのでしょう。とはいえ、晴天下に絞り解放でボケを活かして近接マクロ、などという撮り方をしなければ、まだまだ現役で通用します。
     そして、星を撮る分には何にも問題ありません。これからはサブ機として使おう。
    OLYMPUS OM-10

     これでOMが2台になりました。当分はクラシックカメラ道を歩むことになりそうです。
     早く晴れないかな。


     OM-10を発掘したのがこの2月。それ以来、ランニングコストが凄いことに。
     ネガ24枚撮りだとして、フィルム代+現像代+プリント代で1本\1,500ですよ。デジカメと比べると……ねえ?(苦笑
    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    いまさらWindows Vistaの感想
     この日記は、友人の家から書いています。
     今日、初めてWindows Vistaを触りました。

     見た目は奇麗ですが、私にはあまり縁がないように思います。

     そもそも何でこのOSを触ることになったかというと、その友人が「パフォーマンスが悪いからなんとかして!」と言ってきたことに始まります。
     立ち上げて、デフォルトの画面を見た瞬間、パフォーマンス低下の原因がなんとなく解りました。描画系がリソースを大きく持って行ってしまってるんですね、たぶん。
     さっそくスタートメニューからコントロールパネルを呼び出して見るんですが、動作が遅いぃぃぃぃ!
     まっ先にウインドウの表示をクラシックスタイルに戻して、半透明化やアニメーションなどというリソースイーターな機能を切っていきます。
     この作業で、今の標準的なPCスペックで動かすにはちょいと厳しいなあ、という感想を持ちました。どうせならこのマシンにXPか2000を入れられたら、快適に動くんだろうけどなあ。

     それに、バグというか不安定というか、OSとしての詰めがちょっと甘い気もします。
     何かプログラムを実行するたびに「実行してもいいか?」と確認ウインドウが出るのがかなり不快。サードパーティ製のセキュリティソフト導入のため、デフォルトのセキュリティ系機能を切った時も、いちいち警告が出て、それがまた目立つこと。(まあ、目立たなければ意味がないのですが)
     初心者は必要以上にビビってしまうような気がするんですが。

     必要以上にセキュリティでがちがちに固めて、自由度の少ない(正確にはカスタマイズ機能の分かりづらい)OSになってしまっている気がしました。

     そんな私のメインマシンのOSは、Windows2000なのです。最新ソフトは対応していないものもあるけれど、さっくり軽くて、まだまだ現役で通用します。

     あと2年したら、Vistaもそこそこ使えるOSになってるんだろうな。それまでは、我が家での導入は「待ち」ですかね。
     貴重な経験をさせてくれた友人に感謝です。
    別窓 | 雑文 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析