文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    H-IIAロケット12号機
    H-IIAロケット12号機打上げの準備状況について(JAXA)
     おそらく年明けの打ち上げになると思うのですが。
     衛星は、IGS(情報収集衛星)レーダー2号機と光学3号機の「実証衛星」となっているのですが、これは実用に供するものなのだろうか、それともどちらか、あるいは両方が実験機なのだろうか。

     次は、JAXA宇宙研のトップに載っていたニュース。先だって定常観測を始めた「ひので」のプロマネが亡くなられたそうです。

    =訃報=
    宇宙科学研究本部研究総主幹 小杉健郎(こすぎ たけお)教授は、2006年11月26日12時58分、脳梗塞により急逝いたしました。享年57歳でした。

     故人とは面識もありませんし、直接の関係もありません。ですが、「ひので」の搭載されたM-V-7の打ち上げは、遅れなし・誤差なしの見事なものでした。
     定常運用を始めたばかりで、まだまだこれからという時、さぞかし無念だったのではないでしょうか。
     ご冥福をお祈りいたします。

    「ひので」搭載可視光・磁場望遠鏡の初期成果(国立天文台「ひので」ホームページ)
     記者会見の資料です。日時は11/27、ということは、すでに小杉教授はこの世になかったわけで・・・。ページ下部の「記者発表概要」の中にお名前が載っているのが、何とも。

    H-IIA F11(きく8号)打ち上げ、見に行くことにしました。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    愕然としたこと
     集英社be文庫の本を読んだ。
     まど・みちお「いわずにおれない」。
     いい本だった。
     読み終わった後、奥付を見て愕然とした。
     そこにはこうあった。

      造本には十分注意しておりますが、
      乱丁・落丁[本のページの順序の間違いや抜け落ち]の場合は、お取り替えいたします。

     落丁・乱丁・・・こんなことにまで解説が必要になってしまったのか。
     根は深そうである。
    別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    DVDができました
     「ロケット紀行動画編 vol.2」がマスターアップしました。
     約22分のムービーとスライドです。
     で、これからコピーして増やさなければいけないのですが、枚数が。
     直前まで頑張りますが、果たしてどれだけ焼けるやら。応援しているぞ、光学ドライブくん!

     いま、未開封のスピンドルが2本足下に転がっています。これを無くすぐらいには頑張ろう。
    別窓 | 同人 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    To go or not to go, this is a ploblem.
     「動画編 vol.2」α版ができました。画像のチョイスに難有りなので、もうちょっと煮詰めないと。

     そろそろH-IIA F11に行こうかどうしようか考えなければならないのですが、ううむ、悩ましい。
     経路はばっちり調べましたし、他の所もどうにかなりそう。けれど・・・卒論がなあ。

     島内のレンタカーの状況も気になります。借りられないと、かなり悲惨な目に遭います。
     問い合わせて、車が借りられなかったら見送り、というのが一番現実的なのかもしれません。
    別窓 | 同人 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    清少納言の「白氏文集」
     読売オンラインのニュースより。

    宇宙でナイスショット!? 史上最長記録間違いなし

     【ワシントン=増満浩志】米航空宇宙局(NASA)は17日、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のロシアの飛行士が22日夕(日本時間23日朝)、船外活動中にゴルフボールを宇宙空間へ打ち放つ計画を発表した。
     これは史上最長距離の打球となる見込みだ。
     ロシアがカナダのゴルフ用品メーカーから受注したコマーシャルの撮影で、ミハイル・チューリン飛行士が同社のクラブを片手で振って、特設の場所から1~3発のボールを打つ。
     ボールは、通常のゴルフボールと大きさは同じだが、重さは15分の1の約3グラム。NASAは、宇宙空間を漂い続けたボールが将来、ISSなどを傷つける恐れがないか検討してきたが、2~3日でISSの軌道から外れてしまうので問題ないと結論付けたという。
    (2006年11月18日13時34分 読売新聞)
     なるほど、周回軌道と同じ長さのショットならば、間違いなく最長でしょう。すぐに大気圏に突入するとしても、約42565km*周回数の長さになりますね。(地球は半径6378km、ISSは高度400kmの円軌道として概算)地上じゃ不可能な数字です。
     今日、卒論に使う専門書を買いました。「白氏文集」の研究書です。なので、それに関した話を、ちょっと。

     「白氏文集」(以下「文集」と称)は、中国・唐の時代の詩人、白居易(字は楽天)の詩文集です。今風に言えば「白居易全集」みたいなものですが、それが平安時代の初めに遣唐使船に乗って輸入されてきて、あっという間に京のミヤコの貴族たちに広まりました。
     白居易は晩年、ちょっと仏教にハマってしまった時期があるので、それが受け入れやすかったのと、変にしゃちほこばらず、ライトで読みやすい文章だったことが、当時の日本人の感性によっぽどマッチしたのでしょう。

     当時の知識人たちに「文集」が広く読まれていた証拠としては、「枕草子」がよく例に引かれます。(注:11/23記事を訂正。ご指摘に感謝します)

     ある冬の日、中宮・定子とそれに使える女房たちが雪の降り積もった庭を見ている。ふと定子が、
    「香炉峰の雪はいかにしてみるのかえ?」
    と問いかけた。女房連はまあ普通に答えるのだが、清少納言はついと進み出て、定子の前に垂らされた御簾をはね上げ、
    「こうして見るのでございます」
    と答え、たいそう褒められた。

     とまあ、こんなエピソード。
     この時の式部の行動は、「文集」16巻に収められている
    「香炉峰下新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶々(タマタマ)東壁に題す五首」
    という5つ組の詩のうち、4番目にある一節、
    「香炉峰雪撥簾看」(香炉峰の雪は簾(スダレ)を撥(カカ)げて看る)
    から出た行動です。彰子も周りの女房達も褒めたというので、これは共通理解があった証拠です。一般教養というレベルで、「文集」は浸透していたのです。
     他にも、紫式部と「源氏物語」が、「文集」をネタにしているのは有名な話。

     「香炉峰~」の詩は、幸いにしてその全文を知ることが出来ます。(後に掲載)
     しかし残念ながら、式部や他の平安人が読んだだろう「文集」がどんなものであったのか、その全貌を知ることは今では不可能になってしまいました。
    「そう言っても「白氏文集」全71巻、今でもちゃんと読めるではないか」
    そうおっしゃる向きもあるかもしれません。確かにそれはその通り、71巻の「文集」は現存しますし、図書館にでも行けばたぶん置いてあります。しかしその本文は、平安時代のものではないのです。

     唐の時代、重要な本のほとんどは、まだ写本でしか存在しませんでした。「文集」もこの例に漏れません。この時の作品の配列は白居易自身が決め、詩も文もごっちゃに混ざったものでした。
     時代は下って、宋代(正確には北宋)に、木版本が出来ました。この時は、どうやら白居易の書いたそのままの順番で翻刻したようです。(現物は未発見なのでこれは仮説)
     やがて宋は北半分の領土を奪われ、南に遷都します(南宋)。この時代になると、官吏登用試験の科挙が盛んになってきます。受験者は白氏文集を読むことも必須なのですが、分量が多い上に詩と文が入り交じっていたのでは、いかにも読みづらい。そこで、少しでも読みやすくしようと、前半は詩、後半は文、という順に並び替えてしまったのです。
     その後、中国では写本の配列を持つ「文集」は滅び、木版本にしても北宋時代のものは無くなってしまいました(南宋の時代のものは残っている)。
     日本には、前者は平安時代、後者は鎌倉~室町時代に伝えられました。
     紫式部が「文集」を読んだ時代、木版本はまだこの世に存在しない(王朝が宋になるのはまだ先のこと)ので、彼女が読んだのは当然ながら写本の系統を引く本文でした。
     けれど、中国から伝わったオリジナルは日本でも滅び、写本系の本文もまた、断片的にしか残っていません。
     辛うじてオリジナルの配列は分かっているのですが、本文は、半分ほどが闇の中。

     そんなわけで、平安知識人が読んだ「文集」はどんな文章だったのか、というのは充分研究する余地があるわけです。答えが出ない問題でもありますが・・・。

     本文が滅んだのに、どうやって「オリジナルに近い」ものが分かるのか、というと、他の作品に引用されている文章を探してくるのです。宋の木版ができる前に「文集」を引用した作品は、当然唐の本文を引用してくるしかないので、その時代に書かれた文章を集めて、引用箇所を探すわけです。

     こうして少しずつ積み重ねていけば、いつかオリジナルに近いモノができるのかなあ、と「白氏文集」の研究者は夢見ているのです。

    香炉峰下新卜山居草堂初成偶題東壁 五首(その4)
    (香炉峰下新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶々東壁に題す 五首 (その4))

      日高睡足猶慵起  日高く睡り足りて猶ほ起くるに慵(モノウ)し
      小閣重衾不怕寒  小閣に衾(フスマ)を重ねて寒を怕(オソ)れず
      遺愛寺鐘欹枕聴  遺愛寺の鐘は枕を欹(ソバダ)てて聴き
      香炉峰雪撥簾看  香炉峰の雪は簾(スダレ)を撥(カカ)げて看る
      匡盧便是逃名地  匡盧(キョウロ)は便(スナハ)ち是れ名を逃るるの地
      司馬仍為送老官  司馬は仍(スナハ)ち老を送るの官たり
      心泰身寧是帰処  心泰く身寧(ヤス)きは是れ帰する処(トコロ)
      故郷何独在長安  故郷何ぞ独り長安のみに在らんや

     現代語訳
    香炉峰の下に新たに小さな隠居所を造って、小さな家ができ、その東の壁に思いつくまま書き付けた五首 その4

     日は天高く昇り、もう十分に眠ったというのに、まだ起きるのがけだるい
     小さな家の中、布団を重ねて掛けているので寒さの心配はない
     遺愛寺から聞こえる鐘の音は枕を立てて(頭を少し高く持ち上げて)聴き
     香炉峰(に積もった)の雪は部屋のすだれを跳ね上げて見る
     ここ匡盧は世間の名声から逃れてくる土地であり
     司馬は老後を送るものに贈られる官職である(注:司馬はいわゆる「名誉ある閑職」である)
     心が安泰で我が身が落ち着くところこそ安住の地であり
     故郷はなんで長安だけになろうか

     その4、というからには1~5まであるのですが、それはそのうちに。

    別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |
    読書の秋
     「秋」は「とき」と読んで下さい。カケコトバです。

     2限の授業が休講なのを忘れて登校して、誰もいない教室を見てしょんぼりして、お昼を食べたらず~っと部室で読書。午後1時から6時くらいまで。
     いやあ、読んだ読んだ。「マルドゥック・ヴェロシティ」2巻をたっぷり4時間かけて読了したら、「それでも町は廻っている」1巻に「シグルイ」6巻に自分の冬本に「チキタGUGU」1・2巻に、デスノートと金色のガッシュを足して2で割ったような漫画(タイトル失念)をすべて読了。
     そして、帰りに某「とら」にて同人誌とコミックを約4千円分購入。これも今晩中には読み尽くしそうな勢い。
     ここ半年まともに本(除く研究書)を読んでいなかった反動なのか、最近やたら買いまくりの読みまくりです。今週は1万円以上が本に化けています。
     読書はいいですねえ。秋ですし。

     そういえば、冲方丁は、「マルドゥック」を週間ペースで発刊していますが、身体の方は大丈夫なんでしょうか。また血を吐きはしないかと、他人事ながら心配です。
    別窓 | 雑文 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    新刊入稿してきました
     「ロケット紀行 vol.3」本日入稿。ついでにvol.1とvol.2の再版の原稿も入稿です。
     印刷屋さんには、「早期入稿で3冊って、初めて見ましたよ」と言われました。確かにキツかったぁ。
     何はともあれ、これにて冬コミの新刊は確定です。よろしくお願いします。

     さあて、次はDVDだ!

     新刊の詳しい内容については、後日書くことにします。

    YS-11退役機を次期国産旅客機開発に活用
     最近寂しいので航空ネタを。やっぱり基本に立ち帰るのは重要なことだと思います。日の丸の翼、再び。
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    ふと見つけた歌詞
     「ドナドナ」なんですが、原曲はご存じのように暗い曲です。
     けれど、この替え歌を見つけてからはほくそ笑みが止まらないのです。

    ある晴れた昼さがり 市場へ続く道
    荷馬車がゴトゴト 孔子を乗せてゆく
    かわいい孔子 売られて行くよ
    悲しそうなひとみで 見ているよ
    ドナ ドナ ドナ ドナ 孔子を乗せて
    ドナ ドナ ドナ ドナ 荷馬車が揺れる

    青い空そよぐ風 燕が飛びかう
    荷馬車が市場へ 孔子を乗せて行く
    もしも翼が あったならば
    楽しい魯国に 帰れるものを
    ドナ ドナ ドナ ドナ 孔子を乗せて
    ドナ ドナ ドナ ドナ 荷馬車が揺れる


     50歳にして夢破れ、諸国放浪に出て行く孔子を想像すると・・・。
    かーわいー孔子ー 売られーてゆーくーよー<クリックで大きくなります。推奨。

    別窓 | 雑文 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    冬コミ参戦決定
     冬コミ受かりました。

     本日「窓付き封筒」が到着しましたので、コミックマーケット71、参戦決定です。

    配置:30日(土)西ぬ-15a
    サークル名:液酸/液水

    頒布物:
     新刊(予定)
      「ロケット紀行 vol.3」 さよならM-V 7号機打上げ見学記
      「ロケット紀行動画編 vol.2」 M-V-7 & YS-11
     既刊
      「ロケット紀行」 H-IIA F7打ち上げ & 種子島観光
      「ロケット紀行 vol.2」 H-IIA F9 & M-V-8見学記

     今回の新刊は、9月のM-Vラストフライトです。いろんな方がいろんな思いで内之浦の空を見上げ、あるいはモニタに向き合っていたのでしょうが、私もその一人でした。
     いろんな意味で完璧なフライトで掉尾を飾り、Mシリーズは退役しました。それは、ペンシル以来の固体ロケットの歴史に幕が降ろされた瞬間でもありました。次世代固体ロケットまでの4年間、「失われた時間」にならなければいいのですが。
     打ち上げ翌日、M台地に入りましたが、大型ランチャを間近で見るのが最初で最後になってしまいました。次の固体ロケットは、どうやら垂直打ち上げか、車で引けるようなランチャからの発射になるらしいです。
     M-Vといい、YS-11といい、今回の九州行きでは、日本の技術が失われる瞬間に立ち会ったように思います。

     まあ、こんな雰囲気の本を出したいなあ、と思っています。たぶん、おまけでYS-11搭乗記がつきます。
     あ、感傷はもっと少なくなりますよ、もちろん。

     それにしても今回の冬コミ、12/29,30,31だなんて! 大晦日ではないですか。煩悩の数と本の数、多いのはどちらになるやら。
    別窓 | 同人 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    金木犀の宇宙的雑文8 ロケットまつりSレポート
     LOFT+1のロケットまつりに行ってきました。
    ロケットまつりS

     昨日あれだけ熱を出していたのに大丈夫か、と言われそうですが、今日は36.7から37.2度の間で安定していました。たぶん薬の効果です。病院に行ったのは、歯医者をのぞくと4年ぶりかもしれません。
     肝心の内容ですが、ロケットまつりと銘打っているわりにはまつり側からの参加者が松浦さんしかおらず、半ば野田司令(野田篤司さん。ブログはマツドサイエンティスト・研究日誌)の独演会だったような気も・・・。 そういえば「なぞなぞ宇宙講座」はまだ行ったことがないので、次回があったらぜひ行きたいと思う次第。

     種子島や内之浦でご一緒した方にも会うことが出来ました。
     その方々に、次回の種子島はどうするんだ、と尋ねられました。行きたいけれど、頑張れば行けるけれど、「足」があるかなあ。飛行機でも船でも、海を越えなきゃならないのがネックです。

     さて、病み上がりで無理は禁物、日付が変わる前に寝ることにします。おやすみなさい。
    金木犀の宇宙的雑文8 ロケットまつりSレポート…の続きを読む
    別窓 | 「金木犀の宇宙的雑文」シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    あれれ? 不思議なこのけだるさは・・・
     見事に風邪でした。現在の体温、38度2分。
     仕方がないので一日部屋におこもりして、冬コミの原稿をしていました。
     そしたらなんと、本編出来ました。当落通知より先に出来てしまいました。
     あとはおまけのYS-11搭乗記と、DVDを作れば作業終了です。
     進行早すぎる・・・。卒論も考えれば、まあこんなとこかもしれないです。

     原稿中、ちょっと資料を整理していたら、
    「ハロー、ハロー。会ったことのないどこかの誰かへ。私の声が聞こえますか?」
    というフレーズにぶつかりました。何か、有名なSF作品からの引用だった気がするのですが、調べても分からずじまい。どなたかご存じないですか?
     似たようなフレーズとしては、アニメ映画「ほしのこえ」に使われた「Hello, Little Star(Throu the Years and Far Away)」と言う曲に、

    Hello, tiny star, Can you hear me call?
    (ハロー ちっぽけな星 私の声が聞こえますか)

    という歌詞があるのですが、これだとだいぶ違います。
     アシモフだったか、ハインラインだったか、ティプトリーだったか・・・古めの作品だったように思います。間違えてもハローCQではないです。

     CQといえば、最近無線機のスイッチ入れてないなあ。一応7N4SENというコールサインは持ってるんですが。
     国内なら
    「CQ CQ CQ こちら7N4SEN、セブン、ノベンバー、フォー、シエラ、エコー、ノベンバー。どなたか聞いていませんか?」
     アワードなんかで海外交信するときは
    「Hello, CQ Hello, CQ. This is 7N4SEN Seven, November, Four, Siella, Echo, November, Please call me.」
    というのが決まり文句でしたが、やや懐かしくなってます。
     風邪が治ったら、久々に電波の海へ行ってみようかしら。

     今日はもう寝ます。 明日までに多少良くならないと、ロケットまつりに行けなくなってしまいますので・・・。
    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析