文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    CAMUIロケットまとめ(兼覚え書き)
    最近CAMUIロケット関連の記事を見に来る方が多いようなので、関連サイトをまとめておきます。CAMUIロケットとは、北海道で開発中の低コストハイブリッドロケットです。

    CAMUIロケット(400kgfクラスフルサイズ)
    CAMUIロケット(400kgfクラスフルサイズ)

    ・本家系
    HASTIC(北海道宇宙科学技術創生センター)(CAMUIロケット開発元)
    CAMUIロケットについて(本家内のCAMUIのページ)
    宇宙工学研究支援センター(略称VSRL、プレスリリースのバックナンバー)
    北海道大学大学院 宇宙環境システム工学研究室(開発の中心となっている、北大助教授の永田晴紀氏の研究室。写真・打上動画アリ)
    植松電機(中心となっている製造メーカー)

    ・永田晴紀氏関連
    キーマンインタビュー(永田氏インタビュー)
    サイエンスチャンネル(永田氏インタビュー。動画です。要Real Player
    北大シラバス情報(永田氏の研究分野)
    北大シラバス情報(永田氏の論文一覧等)

    ・その他
    CAMUIロケット(Wikipedia Japan内)
    川島レイのレイランド(ノンフィクション作家さんのblog:CAMUIの情報が頻繁に上がっています)
    googleの検索結果

    CAMUIは現在、推力400kgf級のフルサイズモデルのロケットモーター燃焼試験で起きた異常燃焼の原因が特定できず、開発は停滞しています。そのせいで2006年7月23・30日に予定していたフルサイズモデルの試験飛行はキャンセル。1/2スケールモデルに戻して原因を追及してから再度フルサイズに挑戦するようです。
    そのことに関する永田氏のコメントはこちらです。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    タイトルロゴを作りました
    いままでテキストのベタ打ちで、あまりに芸がなかったので、タイトルロゴを作ってみました。見た目、どうでしょうか? コメントにて感想求ム。
    作業時間は約4時間でした。「これだ!」というレイアウトを決めるのは、はなかなか大変です。
    本当は右下に、「文系宇宙工学研究所」の英訳を入れたかったのですが、The Liberal arts course's Aerospace engeneering Lab.というとんでもない長さになることが分かって断念。「文系」が長いんですよ・・・。もっと短くならないものか(←まだ諦めていない)
    お分かりの方はお分かりかと思いますが、「宙」の縦棒はM-V-1を、背景画像はM-31(アンドロメダ星雲)を使っています。
    M-Vで、久々にドット絵を描きました。結構頑張りました。比率は3ドットが1mです。

    こんどはバナーに挑戦したいなあ。
    別窓 | 雑文 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    冥王星、新分類へ移動
    速報版の改訂・補足です。

    国際天文学連合:太陽系における惑星の定義
    (国立天文台アストロ・トピックス)

    ※以下の文中に出てくる訳語は、公式な日本語訳が定まっていないため、金木犀が訳したものです※
    ※「格下げ」と言う言葉は使いません。どちらが上でどちらが下か、という次元の話ではありませんし、これは冥王星をエッジワース・カイパーベルトの一員としてとらえ直すための始まりととらえたからです。冥王星の議論はもう終わり、などというのはとんでもありません。※

    IAU総会の採決の結果、冥王星は発見76年目にして惑星から外され、新分類のDwarf Planets(小惑星/矮小惑星)に編入されることになりました。 外された理由は、「その軌道の近くでは他の天体を掃き散らしてしまいそれだけが際だって目立つようになった天体である」という条項に引っかかったため。冥王星の軌道は海王星と交差していて、「それだけが目立つ」とは言えないんですね。発見当初は水星より大きいと思われていた推定直径は、観測精度が上がるにつれ小さくなり、最新予測では地球の1/5、海王星の1/28。これは地球の衛星、月より小さいです。
    加えて、2003UB313という、冥王星とそっくりな軌道要素で、冥王星よりも大きいと思われる天体も見つかってしまいました。
    どうやら、冥王星は、エッジワース・カイパーベルト天体の中で最も目立つもの、というのが正しい認識のようです。
    今回、最終提案に臨むにあたって、冥王星を外す案と外さない案、両方が決議にかけられ、大変不思議に思ったのですが、発見したのがアメリカ人のクライド・トンボーだということを思い出して納得。(このブログの過去の記事に、トンボーについて述べたものがあります)
    アメリカは、この1月に冥王星探査機「New horizons」を打ち上げていますから、引っ込みがつかなかったんでしょうなあ。

    さて、ここからは私感。
    小学校の理科で冥王星を教わって以来、どうもしっくり来ない気分を味わっていました。というのも、子供心に、「冥王星は他と違うんじゃないか」と思ってしまったのです。他の惑星と軌道が交差するのは冥王星だけ、しかも一つだけやけに傾いている。しかも「氷でできている」とのこと。当時の私は、冥王星のすぐ外側に「彗星の巣」と呼ばれる小惑星群があること、彗星は汚れた雪玉のようなものだ、ということを知ったばかりで、「惑星よりも彗星に近いのかな」と思いました。
    それから10年。今回の新分類への移行によって、違和感が解消されました。大英断だと思います。もちろん、この決議はおおいに支持します。

    そう言えば、Plutoを冥王星と訳したのは、ギリシア星座神話を紹介したことで知られる、天文エッセイストの野尻抱影氏でした。草葉の陰での思いやいかに?
    冥王星、新分類へ移動…の続きを読む
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    【速報】冥王星、新分類へ
    IAU総会の採決の結果、冥王星は新分類のDwarf Planets(小惑星/矮小惑星)に編入されることになりました。
    とても妥当な判断だと思います。発見当初は水星より大きいと思われていた推定直径は、観測精度が上がるにつれ小さくなり、最新予測では地球の1/5。月より小さいです。
    加えて、軌道要素も海王星までの惑星と違って黄道面から大きく傾き、まるで彗星のよう。どうやらエッジワース・カイパーベルト最大の天体、というのが正しい認識のようです。
    そう言えば、Plutoを冥王星と訳したのはギリシア星座神話を紹介した野尻抱影氏でした。思いやいかに?
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    M-V第2組立オペレーション終了
    M-V-7第2組立オペレーション終了
    天候に左右されつつも、順調なようです。

    あとはフライトオペレーションですか。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    それでは皆様ごきげんよう
    今週いっぱい帰省します。

    さあ、命の洗濯だ。

    >サークルの皆様
    おそらく連絡が一切つかなくなるかと思いますが、ご心配なく。
    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    打ち上げふたつ
    今更ですが、告知です。
    大型展開アンテナ小型・部分モデル2(LDREX-2)の打上げ日について
    打上げ日 : 平成18年9月20日(水)(JST)
    射場 : 南米フランス領ギアナ クールー射場
    ロケット : アリアン5ロケット

    術試験衛星VIII型(ETS-VIII)の大型展開アンテナ(LDR)の実証が目的だそうな。

    もうひとつ。
    スペースシャトル「アトランティス号」(STS-115)の打上げ日の決定について
    日時 : 平成18年 8月 27日 16時30分(米国東部夏時間)
    平成18年 8月 28日 5時30分(日本時間)
    ※1日延期となる度に、打上げ時刻は約20分早まります。
    打上げ場所 : 米国フロリダ州ケネディ宇宙センター

    12Aミッションとして打ち上げられます。久々の国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッションです。先は長いです。ISS、本当に完成するのかなあ?

    ISSといえば、こないだ、セントリフュージの陸送を筑波まで見に行ってきました。計画中止になったアイツです。もっとも、見えたのは直径4メートルほどの、ブルーシートにくるまれたでっかいコンテナだけでしたが。
    詳しくはwikipediaででも調べると出てくると思いますので、あえて書きません。
    どこかに飾るのかなあ。そんなことないか。結局、予算不足を理由に、倉庫の隅に転がされる運命なんだろう。種子島のH-II8号機のように。
    そう考えれば、つはもの共かどうかは分かりませんが、夢のあとなのは確かです。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    着々と
    M-V-7号機第2組立オペレーション始まる
    準備は進んでいるようです。
    これで最後かと思うと、順調にいって欲しいような、そうではないような。
    私はもちろん見に行きます。どうやら、斜め打ち上げもこれが見納めになるようですし・・・。

    2月の打ち上げを一緒に見た方々と、「ロケットまつり」に行ってきました。なかなか日程が合わずに初参加だったのですが、心配していたような専門用語の応酬もなく、文系の私でもなんとかついて行くことができました。
    内容は、道川時代の写真を見て、元宇宙研職員の林さん、垣見さんがコメントを付けていくというスタイルでした。初公開の写真も多く、ロケット好きにはこりゃたまらん。個人的にヒットだったのが、国分寺以前の「プレ・ペンシル」ともいうべきものの写真と、K-8-10の事故調査報告書です。
    「一歩外に出ると忘れる」システムらしいので、詳しく書けないのが残念です。

    リンクに、公私共々お世話になりっぱなしの、河沼魚釣さんのblogを追加しました。サークル名は「たっくるぼっくす」。アリアで活動されてます。お互い、冬も受かるといいですね。
    書き忘れてましたが、冬コミに申し込みました。サークル名は「液酸/液水」、執筆者名は金木犀です。
    どうぞよろしく。
    今年は12月29~31日の3日開催。大晦日コミケなんて・・・!
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    冥王星の動向が気になります
    「惑星」の定義の原案、公開へ(国立天文台アストロ・トピックスNo.230)
    国際天文連合(IAU)の総会真っ盛りですが、今回の目玉は何と言っても「惑星の定義」でしょう。
    「水金地火木土天海冥」と言いますが、カイパーベルト天体の一つであるとの見方が強まっている「冥」は果たして惑星にとどまれるのでしょうか?

    以下の惑星定義の原案は上記リンク先からそのまま転載させてもらいます。

    原案によれば、「惑星」の定義は、

    (1) 惑星とは、
     (a)十分な質量を持つために自己重力が固体としての力よりも勝る結果、重力平衡(ほとんど球状)の形を持ち、
     (b)恒星の周りを回る天体で、恒星でも、また衛星でもないものとする。
    (2) 黄道面上で、ほぼ円軌道を持つ、1900年以前に発見された8つの Classical Planets(古典的惑星)と、それ以外の太陽系の天体を区別する。後者は、すべて水星より小さい。また、セレスは(1)の定義から惑星であるが、歴史的理由により、他の Classical Planets と区別するため、 Dwarf Planet(小惑星)と呼ぶことを推奨する。
    (3) 冥王星や、最近発見されたひとつまたは複数のトランス・ネプチュニアン天体は、(1)の定義から、惑星である。Classical Planets と対比して、これらは典型的に大きく傾いた軌道傾斜と歪んだ楕円軌道を持ち、軌道周期は200年を超えている。われわれは、冥王星が典型例となる、これらの天体群を、新らしいカテゴリーとして、Plutons(冥王族)と呼ぶ。
    (4) 太陽をまわる他のすべての天体は、まとめて Small Solar System Bodies(太陽系小天体)と呼ぶこととする。

    となっています。

    訳語が定まっていない部分は、個人的に補足しました。Classical Planets(古典的惑星)、Dwarf Planet(小惑星)、Plutons(冥王族)、Small Solar System Bodies(太陽系小天体)がそれです。

    これがそのまま承認されたとすれば、
    ・アステロイドベルトのセレス
    ・冥王星の衛星カロン
    ・2003UB313
    の3つが惑星になります。
    カロンがなぜ惑星になるのか、当初はちょっと悩んでしまいましたが、リンク先にて、衛星は「惑星の周りを回る天体で、その共通重心が母惑星の中にあるもの」という定義を見て納得しました。カロンと冥王星の共通重心は冥王星外ですから。
    まあしかし、私たちの子孫は、いったいいくつの惑星を覚えることになるんでしょうか? 「水金地火セレス木土天海冥王族(2003UB313)」なんて、覚えにくいったら。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    夏コミ本、誤脱訂正
    発見した限りの誤字・脱字をリストアップします。随時更新、情報募集。

    ※間違いではないもの※
    ・洋数字と漢数字が混在しているが、ロケットの号数表記は洋数字、その他の表記は漢数字とした。(ロケットの場合、洋数字で号数を表記するのが正規表現だと思われる為)なお、表記に関しては位取り記数法を採り、漢数字の場合にも(注一二)のように記した。

    ページ  段    正                誤
    6     脚注  身の回りの者が       身の回りの物が
    12    1    拍手、歓声          拍手喝采
    33    2    するしなければならない  しなければならない
    36    奥付  行為をを禁じます      行為を禁じます    
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    祭り、終了
    夏コミ終了です。疲れました・・・。

    サークルに来てくださった皆様、ありがとうございました。作者ですら予想外の売れ行きで、1時前には全てなくなってしまいました・・・。買えなかった方はごめんなさい。冬コミでは、M-V-7(ラストフライト・さよなら宇宙研ロケット特集)見学記と、既刊2冊の再販をかける予定ですので、そのときにまた、よろしくお願いします。

    今回、とても嬉しかったことがありました。個人的に尊敬している宇宙開発ライターの松浦晋也さんにお会いできたことです。直接本をお渡しできたばかりか、ご挨拶とお話もさせて頂きました。松浦さんの著書と笹本さんの著書でロケット打ち上げを見に行くことにした私にとって、まさに原点を下さった方。
    あの時、私は幸せの絶頂でした。
    紹介してくださった「風虎通信」さん、本当にありがとうございます。
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    夏コミ二日目
    今日は夏の陣二日目。
    朝起きて、雨の情報におびえつつビッグサイトに。
    本は午後1時前に完売。買えなかった方、冬には再販する予定なので、申し訳ありませんがそれをお待ち下さい。

    本が完売したあと、ちょっと一息ついていると、外からものすごい雨音と雷が。これがものすごい。外周のシャッターを完全に閉めてもまだ聞こえる。
    あまり急に降り出したため、東のクロネコさんは、梱包資材が水没してしまったらしいです。
    雨が一段落すると、西館はものすごい蒸し暑さに。館内から西1・2ホール前の広場? にでると、生き返るような涼しさでした。

    そして、帰り、JRにて。
    落雷で山手線運休だと! 京浜東北も大幅遅延、浜松町駅のホームはコミケのシャッター前列よりものすごい混雑orz。
    ここか! 今日の最大手はここなのか!

    しかし、救いの手が。地下鉄は無事だったんです。ビバ地下鉄。ありがとう銀座線。

    そんな二日目でした。かなり嬉しいこともあったのですが、今日は疲れてるのでまた後日。
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「宇宙へのパスポート」3
    発売していたので、早速買ってきました。
    なんか今回は、ロケットだけではないじゃないか!
    あ、いい意味ですよ。もちろん。
    うふふふ、ページをめくるのがこんなに楽しいなんて。

    そういえば、最近読んだ「宇宙ロケットの世紀」(野田昌宏/NTT出版)も、米ソの宇宙開発を軸にして、ロケット開発史をわかりやすくまとめていて、いい本でした。ハンドブックとしても使えそう。

    我ながら、相変わらず宇宙づいてますなあ。
    別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    今週のYMコラム
    YMコラム
    各方面で有名なあれです。
    考えさせられました。そして、先日書いた「M-V運用終了に思う」の記事を消したくなりました。
    けれど、まあ、このまま晒しておきます。

    今週は、かなりギリギリの内容だったと思います。おそらく、この何倍も考えたこと、言いたいことはあったのでしょう。現場の歯ぎしりが聞こえてくるようです。それが、行間からにじみ出ています。(最も、私の頭でどこまで汲み取れたのかはわかりませんが)
    このコラムで言われていることが・・・もうやめましょう。
    自分の浅はかさに腹が立ってきましたから。

    9月のM-V-7を、現地にて見送ることといたしましょう。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「おおすみ」三回忌
    ふとJAXAのページを見ていて気が付きましたが、今日は衛星「おおすみ」の三回目の命日なんですね。
    大気圏に再突入して消滅したのが2003年の8月2日。場所はエジプトとリビアの国境付近だったかなあ。
    ちなみにこのブログの右上の写真がその実物大模型です。

    気になったので、「おおすみ」について調べてみました。

    おおすみは科学衛星打ち上げのための実験機。長さ約4メートル、質量は4段目(燃焼後質量)の14.9kgと計器部8.9kgを合わせた23.8kg。4t級の衛星を打ち上げている現在からしてみれば、とても小さい。
    1970年2月11日、東京大宇宙航空研究所(当時)が、鹿児島県内之浦町(当時)からL-4S-5で打ち上げ、地球を回る遠地点5151キロ、近地点337キロの楕円軌道に投入した。

    構成は、L-4Sロケットの最上段(4段目)である直径48cmの球形固体モーター(ロケットエンジン)に円錐台状の計器部を付けたもので、全長約1m、の小さいものである。計器部には軸方向の加速度計、温度計、テレメータ送信機(295.6MHz)、ビーコン送信機(136MHz帯)、パイロット信号送信機(296.7MHz)などを搭載、電力は容量5AHの酸化銀-亜鉛一次電池で設計寿命は電池容量から約30時間であった。

    ロケットモーターの断熱が十分でなく、機体が予想より高温となったため電池の消耗が激しく、14~15時間ほどで電力供給が途絶えた。そのため、衛星からの電波の発信は終了し、おおすみの運用は終了した。

    というところのようです。(参考資料:Wikipedia、『宇宙へのパスポート』)
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    夏コミ頒布物について
    夏コミでの頒布物が決定しました。「液酸/液水」としては、新刊2種、既刊1種です。

    表紙ジャケット

    新刊の表紙です。クリックで拡大できます。
    左:「ロケット紀行 H-IIA F9 & M-V-8打上げ見学記」 右:「ロケット紀行 動画編」

    詳細は以下のとおりです。

    ・新刊 「ロケット紀行 H-IIA F9 & M-V-8打上げ見学記」
         B5/本文48P/口絵2P(フルカラー) 700円
    ・新刊 「ロケット紀行 動画編」
         DVD-Video/自家製(笑) 200円

    ・既刊 「ロケット紀行 H-IIA F7 & 種子島観光」
         B5/本文20P 500円


    新刊の「ロケット紀行 動画編」は、自家生産のため数多くは焼けません。
    ご了解のほどよろしくお願いします。
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析