文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を頒布中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット96 参加申し込み中

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    銀のしずく降る降るまわりに・・・ CAMUIロケット
    その筋では有名なJAXAいはもとさんのブログに、「CAMUI」ロケットという、小型固体燃料ロケットの記事が掲載されていました。

    こんなロケットが開発されているなんて、初めて知りました。
    記事を読んで、このロケットには大きな可能性がある、と納得しました。このブログで紹介されている以外に、小型衛星を軌道に送る方法は、気象観測ロケットのSロケット・SSロケットあたりを使うぐらいしか思いつきません(S・SSロケットは日本の場合)。
    国内の小型衛星と言えば、東工大の「μ-Lab Sat」や、「はやぶさ」から投下された「ミネルヴァ」、「Can Sat」などが有名です。個人的には、これらの小型衛星は数をあげてナンボというものだと思っているので、大型衛星の打ち上げを待たなければならないピギーバックは非現実的。Sなど、既存の小型ロケットは、燃料が確かポリブタジエンだったはずで、これは特殊な燃料なので却下。

    ちょっと視点を変えます。
    小型衛星を多く打ち上げることの意味を考えてみました。
    まず、宇宙部品の試験。民生用の部品でも、宇宙用に開発された部品でも、現在のところ、宇宙空間での動作試験を行おうと思ったら、衛星に組み込んで、ぶっつけ本番でテストしなければなりません(擬似的な宇宙環境を作っての地上試験はできますが)。これには膨大なお金がかかりますが、仮にCAMUIロケットが、現在の1/200のコストで運用できるとするならば、単機能衛星を打ち上げ、部品ごとに試験をする、などという事も考えられます。すると、現在進んでいる、民生用部品をかなりの割合で流用した大型衛星、というのもがぜん現実味を帯びてきます。
    2番目には、技術者養成。実際に衛星を設計し、作るというのは、何よりの養成課程ではないでしょうか。
    3番目には、宇宙への間口が広くなること。このロケットが実用化されれば、民間企業はもちろん、もしかしたら個人で負担できるレベルで、宇宙に届くロケットが手に入ることになるでしょう。

    一番重要なのは3番目な気がします。門戸が広がれば、理解者も増えるでしょうから。

    今はifの話しかできませんが、隙間産業ともかゆいところに手が届くともいえるCAMUIロケット、実用化されれば、商業的にもかなり成功するのではないでしょうか。

    見てみたい・・・。
    銀のしずく降る降るまわりに・・・ CAMUIロケット…の続きを読む
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析