文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    ALOS「だいち」はどこにいる?
    NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)による、「だいち」の軌道データを見つけましたので載せておきます。
    ソースはこちら↓
    http://celestrak.com/NORAD/elements/tle-new.txt
    ただし! 軌道の細かい修正などが行われていた場合は、この数値からズレていきますので、今現在これが正しいとは限りません。ご注意あれ。


    以下は転載
    ALOS
    1 28931U 06002A 06026.92313318 -.00141546 00000-0 -31256-1 0 155
    2 28931 98.2244 102.2633 0001436 153.3676 206.7613 14.58335008 424
    H-2A R/B
    1 28932U 06002B 06027.21679649 .00000328 00000-0 44586-4 0 132
    2 28932 98.2138 102.6382 0108864 115.2472 246.0086 14.81925372 455

    ふたつめのH-2A R/Bというのは、H-2A8号機の2段目です。衛星を軌道上に入れなきゃならないので、一緒に残ってるわけですな。
    数字の読み方が分からない方はこちらへ↓
    2軌道要素

    ファーストライトまだぁ?
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「だいち」始動
    「だいち」の折りたたまれていた部分の展開が、全て終わりました。問題はなかったとのこと。
    ということは、いよいよミッションスタートですな。
    ファーストライトが楽しみです。

    2/15の打ち上げがどうなるか、プレスリリースがまだ出ていないのが不安です……。リリースが出ないと、航空券も買えないです。出たとしても、スカイマークの席、残っていればいいんですけれど。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    2/24打ち上げまとめ
    その他、丸の内のJAXAiで目についたモノを撮ってみました。

    M-V-5

    M-V-5の模型

    HAYABUSA 模型

    今この瞬間も宇宙で頑張っている、「はやぶさ」の模型

    ペンシル レプリカ

    ペンシルロケットの模型


    「だいち」の模型と、H-IIA8号機の模型もあったのですが、興奮のせいで撮り忘れてしまいました。ごめんなさい。
    地上波デジタル放送の体験コーナーもあって、今回の打ち上げについてのデータ放送を行っていました。内容は、飛行経路、シーケンス表、「だいち」のミッション目的、あとは打ち上げ中継画面でした。
    打上後、簡単なアンケートに答えると使い捨てではないカイロ? がもらえました。下がその写真です。
    カイロ?

    分かりづらいかもしれませんが、表面には8号機とALOSの絵が描かれています。

    以上、JAXAiでの打ち上げ見学、まとめです。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「だいち」誕生
    衛星分離、正常。
    おめでとう!
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    あれれ
    Web中継で、私の送った応援メッセージが読みあげられましたよ。
    けっこう嬉しい。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    リフトオフ
    20060124104205
    その瞬間の丸の内オアゾ。現在SSB SRB 衛星フェアリングまで正常に分離、順調!
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    X-10
    20060124103006
    生中継始まりました。人が増えてます。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    丸の内オアゾ・JAXAiにて
    20060124100620
    打ち上げを待つ人々、午前十時。スクリーン前にALOS仕様のH-IIA模型が。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    ロケット見に行ってきます
    えー、いよいよ打ち上げの朝となりました。
    現在、だいたいX-100分。
    あとは、9:00と10:03のGO/NOGO判断を通れば、10:33、8号機は気持ちよく蒼穹へと旅立っていくはずです。
    これよりJAXAiに行って参ります。
    ねがわくば、祝杯が挙げられますように。

    以下参考リンク
    RCCレポート
    種子島ライブカメラ(06/1/24 8:45a.m.)
    種子島ライブカメラの画像(06/1/24 8:45a.m.)
    種子島ライブカメラ(クリックすると飛びます)

    昨日、tear drop(しきしまふげんさん)のページ
    にて、なんとも可愛いロケット&人工衛星の擬人化絵を発見しました。
    人工衛星擬人化展示室内、その他イベント絵には、今日打ち上がる(はず)のALOS「だいち」の絵もありましたよ。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「だいち」名付け親の一人として
    Y-0作業再開です。

    カウントダウンも始まってるのでしょうか?
    こうなると、詳しいのはたぶん、
    ALOSカウントダウンサイト
    JAXAいはもとさん「ひかり荘」
    そして、SAC(宇宙作家クラブ)のニュース掲示板
    でしょう。
    今回も松浦氏や笹本氏が行ってるらしいです。

    日本の宇宙開発でよく言われるジョークに、

    「打ち上げ時に問題を起こさなかった宇宙機は、えてして軌道上で問題を起こすものだ」

    というものがあります。
    これがあながち馬鹿にできないジンクスで、火星探査機「のぞみ」などは、打ち上げ時は予定通り、しかも射場からフェアリング分離まで見えるという好条件だったのですが、打上後に致命的なバルブ故障を起こして火星周回軌道に入れなかったのは有名な話。
    今回は、当初の予定から一週間延びています。ジンクスに従えば問題は起こらないはずですが、やっぱり、初めは「衛星分離」、次に「太陽電池パネル展開成功」、そして「定常運用開始」の声を聞かないと安心できません。(定常運用までかよ! 長いぞ! などと言われそうですが)
    名付け親のひとりとして、あえて「僕の『だいち』」と言わせて欲しい。
    がんばれ。頑張って生まれてこい。

    今回の打ち上げ延期で、2/15のH-IIA F9 with MTSAT-2と、2/18のM-V-8 with ASTRO-F打ち上げ予定に影響は出るのだろうか。なんだか出る気がするなあ。「(それぞれの打ち上げ予定日がずれこむ)デッドラインはある」って記者会見で言ってたし。行く気でいるだけに、気になるところです。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    銀のしずく降る降るまわりに・・・ CAMUIロケット
    その筋では有名なJAXAいはもとさんのブログに、「CAMUI」ロケットという、小型固体燃料ロケットの記事が掲載されていました。

    こんなロケットが開発されているなんて、初めて知りました。
    記事を読んで、このロケットには大きな可能性がある、と納得しました。このブログで紹介されている以外に、小型衛星を軌道に送る方法は、気象観測ロケットのSロケット・SSロケットあたりを使うぐらいしか思いつきません(S・SSロケットは日本の場合)。
    国内の小型衛星と言えば、東工大の「μ-Lab Sat」や、「はやぶさ」から投下された「ミネルヴァ」、「Can Sat」などが有名です。個人的には、これらの小型衛星は数をあげてナンボというものだと思っているので、大型衛星の打ち上げを待たなければならないピギーバックは非現実的。Sなど、既存の小型ロケットは、燃料が確かポリブタジエンだったはずで、これは特殊な燃料なので却下。

    ちょっと視点を変えます。
    小型衛星を多く打ち上げることの意味を考えてみました。
    まず、宇宙部品の試験。民生用の部品でも、宇宙用に開発された部品でも、現在のところ、宇宙空間での動作試験を行おうと思ったら、衛星に組み込んで、ぶっつけ本番でテストしなければなりません(擬似的な宇宙環境を作っての地上試験はできますが)。これには膨大なお金がかかりますが、仮にCAMUIロケットが、現在の1/200のコストで運用できるとするならば、単機能衛星を打ち上げ、部品ごとに試験をする、などという事も考えられます。すると、現在進んでいる、民生用部品をかなりの割合で流用した大型衛星、というのもがぜん現実味を帯びてきます。
    2番目には、技術者養成。実際に衛星を設計し、作るというのは、何よりの養成課程ではないでしょうか。
    3番目には、宇宙への間口が広くなること。このロケットが実用化されれば、民間企業はもちろん、もしかしたら個人で負担できるレベルで、宇宙に届くロケットが手に入ることになるでしょう。

    一番重要なのは3番目な気がします。門戸が広がれば、理解者も増えるでしょうから。

    今はifの話しかできませんが、隙間産業ともかゆいところに手が届くともいえるCAMUIロケット、実用化されれば、商業的にもかなり成功するのではないでしょうか。

    見てみたい・・・。
    銀のしずく降る降るまわりに・・・ CAMUIロケット…の続きを読む
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    ALOSにかける僕の思い
    H-IIA F8&ALOS打ち上げまであと1週間。わくわくしながら待ってるのです。
    ALOSミッションキャンペーン オフィシャルブログで面白いアンケートを見つけたので答えてみます。

    (1)2006年1月19日、あなたは何をしている予定ですか?
    →試験期間なので、大学に行ってるか、家で勉強しているか。
    打ち上げが延びなければ、ランチウインドウの時間帯には丸の内のJAXAiで中継見てます。

    (2)最近、星空を見たのはいつですか?
    →元旦です。実家で見る星空は綺麗でした。東京なんか、もう・・・

    (3)月往復、2泊3日の宇宙旅行。いくらなら行きたいですか?
    →いくらでも。その時にあるだけ出します。

    (4)人工衛星に乗って地球を見られるとしたら、何を見てみたいですか?
    →夜明け、です。地球の向こうから太陽が昇る光景。

    (5)2006年1月19日にH-IIAロケット8号機で打ち上げ予定の人工衛星「だいち」(ALOS)に、応援のコメントをお願いします
    →ちゃんと打ち上がって、射場系の人たちに迷惑かけるんじゃないよ? あとが詰まってるんだからね。
    搭載機器の損傷もなく、無事に働くことを祈ってます。

    (6)希望するプレゼントを、以下からお選びください。
      →2:ALOSストラップを。

    さて、こんなもんでしょうか。
    一本詰まると、あとが上げられなくなってしまいますよ。
    そうしたら、2月の打ち上げを見に行こうとしている僕の予定が大幅に狂ってしまいます。
    確実に上がるのが第一なんですけれども、見に行けなくなるのは惜しいです。ああ葛藤。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:2 |
    命名「だいち」
    1/19打ち上げ予定の陸域観測衛星の名前が、「だいち」に決まりました。
    陸域観測技術衛星(ALOS)の愛称について
    実は私もこの名前を提案したひとりなのですが、どうやら同じことを考えた方がたくさんいたみたいですねえ。
    そして、こんなメールが送られてきていました。

    ==転載ここより=====================

                             平成18年1月11日 
                             
    各位
                            ALOS愛称公募事務局

        
           陸域観測技術衛星「ALOS」愛称決定のお知らせ


    拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
     当機構の業務に関しまして、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げ
    ます。
     さて、この度は、陸域観測技術衛星「ALOS」の愛称公募に、ご応募頂き
    まして誠にありがとうございました。厳正な審査の結果「ALOS」の愛称は、
    貴殿からご提案頂きました「だいち」に決定いたしましたので、お知らせいた
    します。
     なお、ご提案者が多数のため、特典の「ALOS」打上げご招待につきまし
    ては、抽選とさせて頂きましたが、残念ながらご期待に沿うこうとができませ
    んでしたので、ご了承下さい。
     後日、賞状をお送りいたしますので、お受け取り下さい。
     今後とも、当機構へのご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                                     敬具

    ==転載ここまで=====================

    命名者の一人として、また、それ以上に一人の航空宇宙ファンとして、まずは無事に打ち上げられることを祈る次第です。
    命名「だいち」…の続きを読む
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:1 | トラックバック:2 |
    60年目に考えること
    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力
    別窓 | 雑文 |
    帰省、そして新しき年
    現在帰省中。
    ですが、「実家=自分の家」じゃあなくなってる事実を確認。
    寂しいが、実家を離れてはや3年、いたしかたなし。

    冬コミで来てくださった方、ありがとうございます。
    個人ではイベント初参加でした。一部売れるたびにドキドキしていたので、失礼なことを言っていたらごめんなさい。
    それにしても、同好の士の方の多いこと。「私も行きました」「行きたいと思っています」「ロケット好きなんです」etc,etc...
    そうやって、同じ趣味を持つ方とお話しできるのが、一番の励みになります。
    さて、次は2月の、H-IIAとM-Vの二本立てだ。頑張って資金をためないと。夏コミでもスペースがとれましたら、今度は2月の打ち上げ本を出したいです。

    1/1になった頃、初詣に行っていました。
    実家近くの小さな神社なのですが、プチ同窓会状態。田舎の小さな町ですから、みんな帰ってきていたりして・・・。中には中学卒業以来、6年ぶりに会った人もいました。
    そんな実家の町も、この3/31をもって、合併で消えてしまいます。
    今の住所で年賀状を書くのも、届くのも最後。(僕は、実家の住所でやりとりをしています)使い慣れ、生まれて以来親しんだ地名が消えていくのは、やっぱり惜しいし、寂しいものがあります。
    こんなこと書くと、「おまえの住民票はこの町にないだろう!」としかられてしまうかもしれません。ですがやっぱり、生まれた町が消えるというのは、いろいろ考えてしまうわけです。

    今回は駄文日記になってしまいましたね。ではこの辺で。
    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    謹賀新年
    あけましておめでとうございます

    今年もよろしくお願いいたします



    個人的に選んだ、2005年の10大宇宙ニュース(国内)
     1.「はやぶさ」小惑星イトカワに到着、離着陸成功
     2.H-IIA F7&「ひまわり6号」、長い沈黙を破り打ち上げ成功
     3.STS-114で野口さんが宇宙へ
     4.JAXA長期ビジョンにて、独自の有人宇宙飛行について言及
     5.M-V-6&ASTRO E-2「すざく」打ち上げ成功
     6.「はるか」運用終了
     7.「ひまわり5号」運用終了
     8.「れいめい」ドプニエルで打ち上げ成功
     9.ペンシルロケット50周年で、各種イベント開催
    10.「ようこう」大気圏に再突入し、消滅

    こんなものでしょうか。

    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析