文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 |
    どーじんづくりはたのしいなー
    ただいま、冬コミ本(大学のサークルで出す本)の編集をしてます。
    切ったりはったり、パソコン全盛のこのご時世にあって、なんてアナログでアナクロな作業なんでしょ!
    でも、そこが楽しいんだなあ。

    電車男のせいなのかなんなのか、一般人の「コミケ」という名前の認知度が上がった気がします。
    中には「オレ、オタクになりてぇ」なんてのたまう人もいるようです。(なるもんじゃなくてなっちゃうもの、というのはオタクの間でよく言われること。なので、「なりたい」なんて言ってるうちはなれないわけですが)
    前回から、ほんのわずかではありますが、あきらかに「一般人」の雰囲気をまとった方々を見かけるようになりました。
    一見さん、コミケでは珍しい存在です。
    「場」を誤解なく伝えていくため(世間では、同人誌=マンガやアニメのキャラを使って書いたエロ漫画、と言う認識がまだまだ根強いです)、こういった方々にはぜひリピーターとなっていただきたいものです。

    結局、何が言いたいのかというと、
    「オタクって、そんなにかっこいいもんじゃないよ」

    スポンサーサイト
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    明日はどっちだ
    年末はいつもそうなのですが、
    「疲れてるなあ」
    です。
    何に疲れているのかもわからない状態です。
    酒でもカッ食らって、タバコで肺を汚して、
    とっとと寝ちまいたい。
    だがそうもいかないのDeathね。

    「やあ、こんにちは。原稿ちゃん♪
     それとも、『明日が締め切り』の二つ名の方が良かったかな?」

    死亡フラグ立ちましたか?
    ひょっとして不可避ですか?
    僕、死ぬるのですか? 死ぬるのですかさうですか。

    イッテキマ~ス!

    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    これが未来の……
    ヴァージンギャラテック社ニュースページ(米国:英語)
    ヴァージンギャラテック社ニュースページ(日本語)

    ここのプレスリリースによれば、どうやら、ニューメキシコの砂漠のど真ん中に、宇宙港を建設するみたいですね。
    ヴァージンギャラテックと言えば、X-Prizeを獲得したSpaceShipOne(SS1)の運用会社として有名なわけですが、ついに本格始動した感がありますねえ。
    面積27平方マイル、建設費は$200mだそうです。
    分かりやすく直すと、69.9平方キロ、233億円ですか。
    一辺が8.36キロ。ううん、スケールがアメリカンですな。
    しかし、「我々は新たな宇宙工業の到来を知った」なんて、Rick Homansさん(ニューメキシコ経済発展局:意訳でごめんなさい)のコメントは強気ですね。

    宇宙旅行がだんだんと手の届く世界に下りてきたような気がします。僕は、生きてる内に民間宇宙旅行が始まるだろうと勝手に思ってるのですが、あながち非現実的でもなくなってきました。
    実用化されたら、もちろん最初の乗客を目指しますよ。
    SS1、SS2と、続々開発していってほしいものです。

    それにしても、日本の宇宙開発のふがいない事よ。
    有人技術ではなく、無人探査機の最高峰をめざす! などと息巻いているようですが、予算がなくて何もできない事に対する言い訳にしか聞こえません……。無駄なダムとか高速道路を建ててるお金があったら、宇宙につぎ込めばいいんです。アポロ宇宙船一機のお値段がだいたい1兆円でしたか? 今の日本のロケット技術・宇宙往還の技術レベルならば、そのくらいはすぐにできてしまうのではないでしょうか。
    こういう、夢のある記事を見ると、いろいろ考えてしまうのです。News_spaceport.jpg
    基地の完成予想図

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    がんばれ、「はやぶさ」!
    「はやぶさ」探査機の状態について(JAXA)
    12/8の異常は、大きな事故だったようです。
    フライホイール停止、第1回タッチダウン失敗と、最近不吉な報告が多くなってきていましたが、これは、今まででいちばんのピンチなのでは?
    幸いなのは、イトカワ上空に静止する軌道から、そんなに離れてはいないと思われること。探査機の「声」である電波、早く拾えるようになるといいなあ。

    一宇宙開発ファンとして、無事の帰還を祈ります。
    「はやぶさ」よ、5年後に会おう。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:1 | トラックバック:1 |
    まとめていろいろ
    さて、4ヶ月ぶりの更新ですか。
    最近、なんだかいろいろありますよ?


    まずはCMから~。hyosi.jpg


    冬コミ(コミックマーケット69)にサークル参加します。
    12/30(2日目)西み-02b、サークル名は「液酸/液水」です。
    「SF」でスペースを取ったので、「ロケット紀行」という本(これは確定。表紙は上の写真)と、できたらSF小説一本を出してます。


    次は宇宙ネタ~。
    H-IIA 8号機
    H-IIA 9号機
    M-V-8
    とまあ、来年はじめは立て続けに3機のロケットが飛び立っていく予定らしい。
    H-IIA 8号機は、2005年夏の打ち上げだったはずが、衛星の不調でのびのびになっていたもの。それに、予定通りに仕上がった9号機がくっついて、こんな日程になったらしい。
    打ち上げ班の方々、年末年始があるのだろうか。
    ちなみに僕は、H-IIA 9号機とM-V-8を見に行く予定。

    宇宙ネタその2
    電波天文衛星「はるか」(MUSES-B)運用終了
    永のお役目、ご苦労様でした。
    今気づいたのですが、はるかのプロジェクトネーム、MUSESだったんですね。現在MUSES-C「はやぶさ」が、地球に帰ってこようと、3億kmのかなたで必死の努力をしてるところ。
    お姉さんにあたる「はるか」も見守ってあげて下さい。
    ホント、無事に帰ってきて欲しいものです。


    関係者へのおしらせ。
    現在の原稿進捗率:20%(第1稿鋭意執筆中)

    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。