文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット91 2日目(12月30日・金曜)東7ホール h-25b

      自家通販、停止中です。       委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    金環日食を見てきました
     2012年5月21日(月)早朝の金環日食を見てきました。3年前の皆既日食では、種子島まで行って涙をのんだ(暗くはなりましたが)ので、リベンジマッチ。当時買いそろえた機材を持っての出陣でした。
     前日、宇宙好きが集まってのバーベキュー大会で同行者を募り、夜11時に東京を出発。東京とびもの学会主催の鳥坂さんの意見で、栃木県日光市の明智平を目指すことにしました。天気予報とにらめっこしながら、少しでも晴れそうな場所を探してのことでした。
     夜っぴて東北道を走り、現場に着いたのは午前3時頃。すでに何組か来ており、駐車場の奥にはフジテレビの中継車が陣取っていました。
    IMG_0728.jpg  IMG_0727.jpg
    583444009[1]

     早速機材をセットアップ。待っているうちに、だんだん空も晴れてきました。これは期待できそう。日の出を待ってテスト撮影。減光良好。
    _MG_4814.jpg  583428267[1]

     高度が低いうちは雲に見え隠れしていましたが、第一接触30分ほど前から雲を抜け、黒点までよく見えるようになりました。そして迎えた第一接触。
    _MG_4893.jpg

     一度始まると、あれよあれよという間に進みます。ほぼ5分おきに撮影していると、欠けていくのがはっきりわかります。枚数が多いので、ほぼ20分おきの写真を載せていきます。手動撮影なので、ちょっと前後するのはご愛敬。
    _MG_4905.jpg _MG_4918.jpg
    _MG_4928.jpg _MG_4950.jpg
    _MG_4983.jpg

     第一接触(欠け始め)からおよそ1時間10分、いよいよ第二接触を経て、金環食の始まりです。
     金環帯の北限ぎりぎりでの見学だったので、輪の太さが均一ではありません。夢中になって見て、写真を撮っているうちに、第三接触(金環食の終わり)を迎えました。
    _MG_5024.jpg
    _MG_5085-2_20120523232558.jpg
    _MG_5097.jpg

     金環の瞬間、虹が架かりました。虹というよりは、ハローといった方がより的確なのかもしれませんが……。(追記:ゴーストが欠けた太陽の形を反映していることを指摘されました。確かに三日月型をしています!)
    583545105[1]

     ぼつぼつと帰り始める人もいますが、第四接触(欠け終わり)まで撮影を続行します。
    _MG_5104.jpg _MG_5129.jpg
    _MG_5138.jpg _MG_5149.jpg
    _MG_5153.jpg _MG_5208.jpg

     第一接触からおよそ2時間20分、いよいよ第四接触、食の終わりです。とはいえ、月が完全に抜ける瞬間が第四接触なので、見た目は普通の太陽と変わりません。
    _MG_5222.jpg

     これで、日食の全課程を見られました。リベンジマッチ、無事成功! 機材もやっと活用されました。

     別に広角を使って撮って、合成してみました。こちらも時計を眺めながらの手動シャッターだったので、数分ずれてしまった箇所があります。雰囲気と言うことで。サムネイルだと小さいので、是非クリックして大きいサイズでお楽しみください。
    IMG_0662のコピー IMG_0662(トリミング)のコピー

     朝食に、げんかつぎで買っていたバウムクーヘンを開けます。なんとなく金環のイメージです。
    583613506[1]

     ピンホール投影で観察している人もいました。本当に欠けている!
    583499518[1]

     終わった後はゆっくり帰ってきて、家の扉をくぐったのは、午後5時半のことでした。思い切って移動して良かった! 

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    秒速5センチメートル聖地巡礼2012
     桜が綺麗だったので、聖地巡礼に行ってきました。小田急線の豪徳寺と参宮橋近辺です。

    IMG_4125.jpg
    豪徳寺駅前

    IMG_4139_20120413014307.jpg
    参宮橋からやや新宿よりの高架

    IMG_4164.jpg
    例の三叉路

    IMG_4177.jpg IMG_4183.jpg
    踏切

    IMG_4214.jpg IMG_4220.jpg
    IMG_4229.jpg
    駆け抜ける道(代々木八幡)

    IMG_4213.jpg IMG_4211.jpg
    駆け抜ける道(福泉寺)

    IMG_4207.jpg
    階段

     おまけ
    IMG_4198.jpg
    新海監督的風景(電車通過と桜)

    IMG_4169.jpg IMG_4150.jpg
    三叉路上の参宮橋公園は、桜が綺麗でした。個人的には飛行船と桜のショットが好き。

     春の陽気に誘われたのか、同業者がいっぱいいました。参宮橋公園の三叉路で写真撮っていたらほぼ巡礼者ではないかと。私もそんな方に声をかけ、同行させてもらったのでした。快晴の天気、桜の綺麗さ、とても楽しい巡礼でした。

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    追悼 米谷美久氏
    ・デジカメWatch(http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090730_306011.html
    ・時事通信(http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2009073000999
     オリンパスPen・OMシリーズを手がけた、米谷美久氏がお亡くなりになりました。
     7/30午後0時34分、享年76歳。

     私が生まれたとき、父がOM-10を買ってきました。それは私の家族を撮り続け、やがて成人式の日に私の手元にやってきました。やがて父が亡くなると、OM-10は形見になりました。

     写真の面白さに目覚めた私は、OM-1とPen EE-3を買いました。

     それは今でも現役で、家族や旅行風景を撮り続けています。このページのロケットの写真の大半は、OM-1で撮ったものです。

     ありがとうございました。一度あってお礼を言いたかったのですが、叶わなくなりました。
     我が家のOMは、未来へ、私の行けるところまで連れて行こうと思います。幸いにしてOM-1はフルメカニカル、まだまだ大丈夫です。

    OM-1N&OM-30   IMG_0399.jpg

     今後の更新予定
    ・日食レポートをあと2回(7/22後半、7/23)
    ・相模原宇宙研一般公開レポート
    ・書けたら気象衛星「ひまわり」関連記事

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    一眼レフ絞り込み
     購入予定機種を絞り込みました。
     CanonのEOS 50Dにしようと思います。
     キットにするかレンズを別途購入するかはまだ考えています。 18-200のキットと、OM-EOSのアダプタが一番無難かなあ。キャッシュバックキャンペーンが6/30までなので、来週さっくり購入予定。

     EF-S18-200mm F3.5-5.6 ISキット 価格
    ・Y \172,600  
    ・M \152,800
    ・F \148,800
     中古で買っても1~2万円の差のようなので、新品で購入したいと思います。
     さあ、あとは価格交渉か。

     E-P1触ってきました。これはこれでアリ。
    「コンデジよりもいい画質で撮りたい、けどデジイチは難しいし大きすぎ!」
    という層にはうけそう。そして、その層はそれなりにいそう。ポケットはちょっと厳しいですが、ハンドバッグにならするりと入りますし。
     持つなら、サブ機として持ちたいです。あくまでサブ。オートフォーカスがちょっと迷い気味(合照率もあまりよくなかった)なのと、白飛びしがちなのが気になりました。パンケーキ薄いよ!
     普段使いならコンデジで足りている現実があるので、今回は見送りです。改良型が出るといいな・・・。

     マイケル・ジャクソン死去。だけど、「驚いた?」とかいってその辺から出てきそうな気がします。ムーンウォークのマネしてこけてものすごく痛い思いをしたのが懐かしい。
     ある種の天才であったことはほぼ間違いないでしょう。才子薄命と言いますが、定命の世の無常なことよ。

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    デジタル一眼レフ購入検討
     条件:\200,000以下、レンズキット、秒3コマ以上の連射。現在OMを使っているが、このレンズ資産の引き継ぎは考慮しない(できたら嬉しいけれど)。キットに含まれない場合、35mm換算300mm相当のレンズを買い足す。

     現在の候補。価格はヨドの店頭。

    Canon(6/30までキャッシュバックキャンペーン、50Dは\20,000、Kissは\10,000)
    ・EOS 50D    \179,200(14-54レンズキット)
              \184,200(限定パック)
    ・EOS Kiss X3  \116,800(ダブルズームキット)

    55-250/4-5.6 IS、中古実勢\23,000~25,000。

    Nikon
    ・D90       \179,800(18-200レンズキット)

    ちょっと気になる(フォーサーズはあまり好きではないが、軽いのは魅力。ただしK-7は勘弁)
    Olympus
    ・E-P1      \100,000くらい(14-42mm レンズキット)
    ・E-30      \179,200(14-54mm レンズキット)

     Canonだと、比較的簡単にOMのレンズが装着可能。逆にNikonだとOMレンズ資産は事実上移行不可。フォーサーズ系だと当然ながら移行可能だけれど、あまり好きな規格ではないのです。
     やっぱりKiss X3か50Dでしょうか。アドバイス求ム。

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:3 | トラックバック:0 |
    な・・・なんだって!
     タイトルはMMR風に読んでください。
     これまでデジタル一眼レフの導入を控えていました。理由は、フィルムのフルマニュアルカメラの単純な操作系と、デジタル一眼のオートフォーカスを前提としたかのようなピント合わせが面倒くさそうだったから。
     ですが・・・電子マウントなる物を見つけてしまいました。
    ヨックレンズ
     これ、フォーカスエイドが作動するんです。精度も悪くないみたいで、魅力的。
     ああ、デジ一、買ってしまおうかしら・・・。

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    機材整備
     明日の撮影に備えて、機材を準備しています。
     以下を持参する予定。種子島でロケット撮るのと同じ装備ですね。

    メイン機材
    ・OLYMPUS OM-1N
    ・TEFNON 75-300mm F5.6
    ・SIGMA 35-70mm F2.8-3.5
    ・KENKO TELEPLUS MC7
    サブ機材
    ・OLYMPUS XA(初代)

    ワインダー、三脚

     「サブ機材がサブじゃねぇっ!」というツッコミが聞こえてきそうですが、本来のサブだったXacti S6くんは、先月の松山旅行中に原因不明の故障を起こしてお亡くなりになっているのでした。
     XAは実家にあった物を拾ってきたんですが、ファインダ内の表示が薄れていて見難いのです。とはいえピント合わせの二重像は生きているので、なんとかなるでしょ。
     せっかくなのでレンズ以外は全てオリンパスで固めてみました。(しかも、全部旧型!)

     TEFNON用のフィルターを買いがてら新宿の中古カメラ屋巡りをしていたら、某店でOMスクリーンをまとめて発見。キズありでしたが、以前より欲しかった1-4(全面マット)を買ってしまいました。1-13のプリズム部は、星や月を撮るとき邪魔になるのです。次は十字透過の1-12が欲しいです。
     スクリーン発見があまりに嬉しくて、肝心のSLフィルターを買い忘れ。

     今日は相模原でM-V展示開始の除幕式&記念式典だったのですが、寝坊して行かれず。ああ。

     JAXA公式より。いいニュースなのですが、展示場所が・・・。

    2008年10月9日 更新
    種子島宇宙センター保管のH-II ロケット7号機が「未来技術遺産」に登録
    国立科学博物館が選定する「重要科学技術史資料(通称:未来技術遺産)」に、種子島宇宙センターに保管している「H-II ロケット7号機」が登録され、10月9日登録証と記念盾が授与されました。
    H-II ロケットは、初めての純国産の液体燃料ロケットとして、日本のロケット技術が国際水準に達した記念すべきロケットであり、国際的に見て日本の宇宙技術の高さを示したものであると言うことが認められ、この度選定されました。
    種子島宇宙センターでは、施設見学ツアーでこのH-II ロケット7号機をご覧いただけます(要予約)。
    種子島へお越しの際は、ぜひ種子島宇宙センターの施設見学ツアーにお申し込みください。

     元記事では、下線部の脇に大崎第一事務所に展示されている実機の写真があります。せっかくなのですかから、もっといいところに移してやりましょうよ。 

     ここ2週間ほどのメールについて、返信が滞っています。早めにお返事できるようにしたいと思います。ごめんなさい。

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    メトロ副都心線に乗って
     本日、東京メトロ副都心線開通。
     後輩二人と、渋谷~池袋に乗車してきました。
     その印象記をば、写真と共に。

     思わず「営団13号線」と言ってしまいそうになりますが、いずれ慣れるでしょう。
     そう、計画が出来た頃はまだ営団だったんだよ・・・。

    SANY4708.jpg
    副都心線登場

    SANY4710.jpg   FH000006_20080614205848.jpg
    左・右:東急との乗入構想、まだあります

    FH000008_20080614205859.jpg   FH000011_20080614205908.jpg
    左・右:渋谷駅風景

    FH000018_20080614205952.jpg   FH000020_20080614210001.jpg
    左:入線   右:撮る人・その1

    FH000023_20080614210105.jpg   FH000026_20080614210624.jpg
    左:渋谷駅ホーム端(池袋側)   右:発車

    FH000033.jpg
    撮る人・その2

    SANY4733.jpg   SANY4731.jpg
    左:開通告知ポスター(新宿三丁目駅)  右:駅名標(新宿三丁目)

    SANY4735.jpg   SANY4740.jpg
    左:初日恒例?(池袋駅)   右:発車(池袋駅:旧新線池袋駅)

    撮影機材
    カメラ:OM-10
    レンズ:タムロン TELE-MACRO28-70mm/F3.5-4.5(159A)
    フィルム:DNP センチュリア400(CENTURIA400)
    またはSANYO S6。
    フィルムとデジの発色の違いがよく分かります。
    やっぱり新生センチュリアは黄色いなあ。

     ものすごく混むような気がしたので、始発乗車は回避し、午後いちで乗ってきました。
     渋谷駅は、まだまっさら。広告も少ないし、エスカレーターや柱には手垢が付いていません。床も綺麗。新しい建築物特有の、有機溶剤っぽい匂いが漂っていました。
     柱の駅名標は、渋谷は東急のようなタテ型、明治神宮~(少なくとも)池袋までは、メトロのようなヨコ型でした。

     トンネルのコンクリートも新しい感じ。まだ白いです。

     池袋駅は、かつての新線池袋駅(有楽町線)を改装した駅。そもそも有楽町の新線区間は、今回開通した副都心線(13号線)の一部を先行開業していたということですから、めでたく当初計画通りになったわけです。他の駅がぴかぴかなのに、この駅だけちょっと使用感があるのはそのせいなのでした。それでも、開業に合わせ一生懸命磨いたように感じられました。

     車両は、あちこちから引っ張ってきたような感じで、新旧・型式入り乱れて走っていました。
     運転士もまだ慣れていないのか、駅手前でガクガクと変なブレーキのかけ方をしたり、ホームドアと車両ドアの位置が合わずに調整、というのが結構ありました。
     慣れない運転と人の多さのせいでしょう、行きの渋谷~池袋の時は約8分遅れで走っていたのが、数時間後、池袋から乗るときには、余りの遅れに電光掲示板が停止して「調整中」となっていました。

     何もかもが初い初いしい。

     今後、東急との相互乗り入れが計画倒れに終わらなければ、もっと便利になると思います。(そもそも、京王沿線の住人はあまり使わないって話もありますが)

     夏本の方は、現在校正中です。

    別窓 | カメラ・写真 | コメント:3 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 | NEXT
    1. 無料アクセス解析